CHOPPER
中村泰一郎:ナカムラタイイチロウ
1973年2月28日生まれ
AB型
大阪生まれの奈良県育ちで、高校卒業以降は大阪在住。
技術よりも独創性を重視したスタイルで、イギリスのHEROIN SKATEBOARDSからは一部海外リリースもされるシグネーチャーモデルを出している。
ちなみに、こんなSKATE!!
D.I.Y.等のPUNKのアティテュードを根底にしたブランドWHATEVERを15年以上前から運営維持している。
WHATEVER PV!! SKATED.I.Y.
そのサイト内のさらにディープなつもりのBLOG
現時点ではまだ謎多きCOLORCODEでもフロントマンをつとめる。
大阪のスケートシーンを古くから支えてきたスポタカの中では年齢、所属歴ともに最も古いライダー。

CHOPPER TUBE

とにかく、whev.comを是非チェック!!

ISAMU (山本勇)

今日、紹介するのは ISAMU (ヤマモト イサム)!!
今年中学生になったばかりのイサムはフリースタイルスケートを主軸にしつつもランプやバンクも活用し、真の意味のフリースタイルスケートを推し進める数少ない1人。
最近では上手なキッズスケーターを目にする事も多くなったが、やはりまだまだオリジナルスタイルを確立するとまでは言い難いのが現状。
そんな中、イサムは単に小さな頃から始めたので上手という域を超え、既存のフリースタイルトリックをベースにしつつも柔軟なアイディアで新たなオリジナルトリックを数々生みだしている正に和製ロドニー・ミューレン!!

↓は最新パート

 
全部紹介するのが面倒くさい(笑)くらい、多くの大会で優勝したり、テレビ出演したり、少し前ではユニクロのCMにも出演したりと、これからの日本のスケートボードシーンのキーパーソンのうちの1人にもなりうる存在。
↓ユニクロのCM

 
↓最近、カナダの大会に参加した時に現地のニュース番組でインタビューを受けた時にはOSAKA DAGGERSのロゴTを着用してくれている、ありがと~!!

 
今回の最新パートにすべて盛り込まれているわけでは無い、数多くのイサムのトリックの引出しは、是非イサムのインスタグラムの方もチェックしてみて欲しい所!!
↓一例だが恐らくこれも世界初の技!!

兎に角、要チェック人物です!!

 

ここから以下は、いつもの如く俺の持論を含んだお堅い話なので、文章がうざい人は無視して下さい(笑)!!

スケートボードは、本来ルールの無い自由な遊びだというのは皆も知っている所かと思います。
ルールが無いからこそ、今もその自由な発想により多様に進化し続けています。
そしてその多様性から同じスケートボードの中でも、ジャンルやスタイルといった物が確立されていきます。
また、そこに併せて、昔と違い現在では一部の若者だけでなく老若男女問わずスケートボードを楽しむ人が増えてきました。

が、そんな中、日本のスケートボード業界の中枢に古くからいる人の中には、自身の経験という狭い世界観でしか物事を評価出来ない思考停止人間も少なからずいるようで、新たな価値観や多様性を認められないようです。
勿論、俺自身はそんなタイプの人は眼中にありませんし相手にする気もありません。
が、そんなタイプの人が業界の中で少なからずのポジションにいる場合もあり、それが為に若い人達の中には折角頑張っていても日の目のあたりにくい状況の人達もいるかと思います。
そういう事に違和感を感じ、今回イサムを紹介させて貰ったのも良い証拠かと思います。
これだけ成果を出し、世界的に名の知られる数少ない日本のスケーターなのに関わらず、今までイサムの存在すら知らなかった人も多いのではないでしょうか?
この状況はGOU MIYAGIが日本のスケーターとしては最も世界に名が知られているに関わらず、日本では一部のメディアでしかフューチャーされなかった時と同じ様に感じます。
また本当かどうかは知りませんし、うろ覚えなのですが、恐らく最近のBOARDKILLでのマイク・バレリーのインタビューの中で、スケートカンパニーが自分達の気に食わないライダーはブラックリストにしてメディアに圧力をかけて露出させない様な事があるとも書いていた気がします。
これに関してはスケートカンパニー自体に関わらず、メディア自体の主観で自分の気に食わない奴は実力があっても露出させないという事実もあるでしょう。
ですが、これらのメディアは公営では無いので当たり前と言えば当たり前で、本来の筋道で言えば後ろ指を指される行為でもなく、そのメディアへの不平不満を陰で言っているだけでは責任・権利・義務などの事を理解出来ない単なるお子様です。
もっと大きな所で例えると、民営の新聞各社が同じ事実について記事にしていても、各社ごとの論調は全く異なったり、A社には掲載されていたニュースがB社では掲載されていなかったとしてもアンフェアではないのと同じ事です。
俺なりに中立だと思う意見としては、単にその様な中立性に欠いたとされるメディアが嫌いなら、目を通さなければ良いだけだし、更に納得出来ないならそれこそ一消費者としてそのメディアに広告掲載しているカンパニーの不買運動でも展開すれば良いのだと思います。
もしくは自分自身で自分自身が納得の出来るメディアを運営すれば良いのです。
もし俺ならそうしますし、結局、自身で行動出来ずに陰で愚痴を言うくらいなら単なるネガティブ人間にしか見えないし、黙っていた方が得策かと思います。
実際、俺自身、納得出来ない事には声を大にして文句をきっちりいうタイプの人間ですが、その為の発言権を得るなりの行動が伴ってきたからこそ、今もこの場でこういう事を述べる事の出来る立場にいるのです。

その様な考えがありつつも、事実、スケーターの多くは若い人が多く、さらにこれからの時代は小学生くらいのキッズ層もどんどん増えて行くかと思われます。
そんな若い人達が自身の力でメディア露出の為に何かを切り開いていくというのは現実的な話ではないですし、そんな時間があるならスケートボード自体をもっと頑張って貰えた方が健全です。
ですので、今後この俺のBLOGでも、折角、個性や実力があってもストリートスタイル一辺倒になりがちなスケートメディアでは紹介されにくいタイプの人を紹介していけたらなと考えていますが、単に実力があるに関わらず日の目を見ない人をフェアに紹介しようと考えている訳ではありません。
それこそ、あくまでも俺の主観基準で皆に紹介するだけの意味や価値があるに関わらず、埋もれがちになっていると判断した人を紹介しようと考えているにすぎないので予めご理解宜しくです。

CHOPPER  INSTAGRAM

OSAKA  DAGGERS

NIXON – BONES BRIGADE COLLECTION

Click to Share

  • SUPREME
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE
  • ASPHALT YACHT CLUB
  • G-SHOCK

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 50歳になっても縦コーンをオーリーで飛ぶことができるのか!?

  • apple2公開間近。日本の未来を担う10代の滑りをおさらい

  • 惜しまれつつも幕を閉じた宮下パークを設計したのはこの御方

  • 路上スケーターたちのオリンピック。滅茶苦茶でなにが悪い

  • コンテストに勝つためのジャッジの秘密をこっそり教えます

  • 東京ストリートを席巻するKP TOKYOの魅力が詰まった原点

  • Bronson Speed Co.
  • Isle Skateboards
  • DVS
  • C1RCA
  • Welcome Skateboards
  • Welcome Skateboards
  • VOLCOM
  • BLVD
  • OSCSTORE
  • HABITAT
  • TOY MACHINE
  • BAKER
  • RAWDOGRAW
  • DC × BAKER
  • FTC
  • PRIME
  • HUF
  • VANTAN
  • STANCE
  • BRIXTON
  • ELEMENT - MAKE IT COUNT
  • VOLCOM x NOZAKA x USUGROW