KINAKOBO SENSHU
Kinakobo Senshu
玉城和明 aka きな粉棒選手
高円寺在住の在日オキナワン。楽しそうに攻める大人たちに影響され育ったキッズは、いつしか楽しそうに攻めるキッズに影響されまくりの大人になりました。背丈はキッズのまま!?
Sponsors

ハイサイぐすーよ〜!

ハイサイぐすーよ〜!玉城さん家の健康優良児、きな粉棒選手でございます。本日もよろしくお願いします!

東京に住んでまだ1年そこらの時の頃を最近思い出したりしたのでここに書いてみようかなと。んなもんに興味なんてない99%の皆様はこの後の文章はスルーしてイチバン下まで進みLet’s YouTube。

さて。
2009年あたりのこと、当時大好きだった某パンクバンドが新しいアルバムだかDVDだったかを引っさげ東名阪ツアーを敢行!というので、長蛇の列に並んでグッズを買い漁ったり手作りのうちわを作って推しメンバーを応援する、といった熱狂的信者ではないがおれも名古屋大阪場所に参戦してみようかと思った訳です。もちろんデッキ片手に。

その頃おれは八王子のクソ大学生でした。先輩や後輩にはスケーターがいたが同学年にはいなかったなー。
そんな中で、もともと1人で名古屋大阪行こうとしてたおれについてこようとする後輩が約1名。仲良くなって間もない間柄ってのもあって本当に行くのか半信半疑だったが本当について来やがった!しかもビデオカメラまで持ってやがる!!

ちなみにその後輩は当時、いくらかいた新入生スケーターの中でもポンコツの部類。オーリーがようやくできるかできないか、プッシュもまだまだ怪しいぐらいだったと記憶している

ツアーに出た自分と後輩は夜にライブを見る以外の日中はスケートや街中を散策。パークやストリートを手当たり次第に回っては今見ると本当にどうしようもない映像を撮影なんかしてましたw

その旅を通して得た経験や教訓みたいのは、特にありません!!笑
でも、スケートに乗り始めたばかりのその後輩も今後残念ながらおれみたいにスケートから離れられない人生を今後送ってくんだろうなと思いました。ちゃんちゃん。

あれから8年近く経った今、どうでしょう。

その後輩こそがあのTK、池袋のスケートショップHIGHSOXで店長として店に立っているじゃない!ここVHS MAGのブログでもおなじみですね♪

愉快な内装にスタッフ、最近はオリジナルグッズが出るタイミングで発表されるアホな広告が店に出入りするローカル以外にも注目を浴びている模様?!

アホっすね笑

TKさん、そして今はあの頃よりも良いカメラもゲットして自分らSketchy Lifeのフィルマー、エディターまでこなす立派な業界人。今後の動きもこっそり楽しみにしている次第であります。
1つだけ残念なのは昔っからポンコツさは変わらないことでしょーかね〜

長くなりました。
年末にかけて忙しいふりをしたいのでこの辺で!

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • スケーターのための豆知識。このトリックの発案者は?

  • フィルマー必見。名パートにまつわる撮影テクの雑学

  • 「重力に逆らう」物理的に不可能な試みの舞台裏

  • クセのあるプッシュの理由。今はなき時代の産物

  • 「責任者はキミか?」「いや、自分は無責任者です」

  • 「任意でしょ。イヤです」確実にモメる職質対応のススメ

  • Bones Skateboard Bearings
  • Bones Skateboard Bearings

TRENDING -注目コンテンツ-