Shingo Ogura
Shingo Ogura
小椋慎吾
岡山県出身大阪在住のスケートボーダー。イジられることが多々あるが、それもなぜだか分からないおとぼけ気質。13年目の大阪でもイジられることをおいしいと思うよう奮闘中。
現在、EvisenとTightboothが合併したカンパニーKINARI inc.の一員としてマルチに活動中。
Sponsors

吉と出るか凶と出るか

ある日曜日。

この日は、梅雨入りが発表されたにも関わらず晴天。リベンジスポットで写真を残すというミッションがあった為、フォトグラファーのMASAとSHREDファミリーの田口タカシと3人でスケートへ。そのスポットは、意外と難しい上にキックアウトもある。やりたいけど気持ちが進まないのが本音だった。

タカシが車で家まで迎えに来てくれ、MASAの居る最寄りの駅へ向かった。着くと、顔を真っ赤にして浮浪者の様に路上で寝ているMASAを発見!昨夜のパーティー明けで完全に二日酔い。(よく起きて来れたなー!)フラフラで「全然イケるっすよ!」というMASA。今日はやりたくないスポットへ行かなければいけない俺。

そんな状況の中、思いついたのが「MASAもまだ酔っ払ってるし、ドライブしながら、気になるあの辺に行ってみない?」普段から遠出に慣れてる二人はもちろんOK!天気も良かったので一気に遠足気分。スポットがあればラッキー、撮れたらもっとラッキー!吉と出るか凶と出るか!誰も分からない!

車を走らせ大阪市内から離れ、下町のような雰囲気が残るエリアに到着。

いきなり巨大なバンクスポットを発見!
あの柵からドロップしたらヤバくない?っていう話になり試して見るもののうまく立てない&怖すぎという事でキャンセル。
下のカーブからドロップしたりバンクをライドしたりして遊べるが、いいトリックが出来なそうだったのでネクストへ。そのまま車を走らせて工場地帯へ入ったが特に何もなく、また移動。その頃にはMASAも少しマシになっていた。
次に向かったエリアはMASAが事前にチェックしていた場所で、スポットが点在していてかなりやばかった。
キッズ達の縄張りだったのでまずは一緒に遊び仲良くなってから撮影開始。キッズのヤジもあって中々集中出来ない状況の中、無事メイク!(良かった~)その後も極上スポットを何個も発見。
こういうパターンでボウズの日も良くあるので、この日は遠出の選択が吉と出ました!

この日の動画↓

その日のメンツで状況やスポット、流れが変わっていくからスケートボードは面白いですね。

Photo by MASA http://photographmasa.com

NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • グローバルに羽ばたいた日本人スケーターの先駆け

  • '90年代からトップに君臨するストリートスケートの雄

  • 1979年。史上初のスケーター・オブ・ザ・イヤー

  • 二度のドタキャンを経て実現したインタビュー

  • 国内のトップスケーター集結。アツいスケートの祭典

  • 今年も開催決定。おバカ種目満載の裏オリンピック

  • STANCE
  • Doom Sayers

TRENDING -注目コンテンツ-