Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.122
07.23.2015
HAROSHI
ハロシ

乗り古したスケートボードを用いてスカルプチャを制作することで知られるアーティスト、HAROSHI。現在は HHH Gallery を共同運営しながら HUF所属のアーティストとしてグローバルに活動中。先日、LAにオープンしたばかりのHUFのフラッグシップストアを記念して、ミドルフィンガーをモチーフにしたコラボアイテムを制作したのも記憶に新しい。

 
Q & A
  • 出身地:東京
  • 肩書き:アーティスト
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:HUF
  • 靴のサイズ:US 9
  • 生年月日:1978年
  • スケートを始めた年:1993年。
  • 好きな数字:10
  • 初めて作った作品:ティッシュで人形。
  • 創作で一番大変なこと:時間がかかる。
  • キース・ハフナゲルががイケている理由:やさしい。
  • 影響を受けたアーティスト:レイモンド・ペティボーン、パスヘッド、ジェイミー・リード。
  • HHHギャラリーを始めた理由:アートが好きだから。
  • 気になるスケーター:ティム・ジャクソン。
  • 十八番のトリック:パワースライド。
  • 堀切菖蒲園のおすすめスポット:中華料理屋のタカノ。¥500のラーメン餃子は安くておいしいし寝る場所のないホームレスを寝かしてあげたりとやさしいから。
  • ここだけの話:いわない。
  • 最近爆笑したこと:先月にEVISENのクルーがギャラリーに来たときに、丸山晋太郎くんが予想を遥かに超えて強烈だった。あんなに笑ったのは久しぶりだった。
  • 愛猫の魅力:語り尽くせない。
  • 野良猫を保護する活動について:自己満足。
  • 新国立競技場問題についての持論:無駄使い。
  • 下ネタを作品にする予定:すでにやった。
  • アメリカでのおいしい話:とくにない。
  • アメリカでやらかした話:ない。
  • 日本とアメリカのスケートシーンの違い:ハングリー。
  • 日本とアメリカのアートシーンの違い:ハングリー。
  • 次の作品の予定:年末に大阪に大きな作品を作ります。
  • 今後の目標:より良い作品作り。
 
HUF × HAROSHI VINYL MIDDLE FINGER
DIALOGUE WITH JAMES JARVIS AND HAROSHI
NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 記念すべきGUEST TALK第1弾はバーチカルの神

  • 偉大なスケートレジェンドを父に持つ2世スケーター

  • LAKAI誕生秘話。「スケートの本来の姿を体現したい」

  • ボスが語るフルレングス『THE FLARE』の舞台裏

  • LAKAI JAPANが誇る新世代のキング・オブ・ポップ

  • 海を越えLAKAIが繋いだふたりのファッションアイコン

ID

Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
  • DC SHOES
  • BRIXTON

TRENDING -注目コンテンツ-