Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.012
05.22.2013
米坂淳之介
JUNNOSUKE YONESAKA

日本スケートシーンの頂点に長年君臨し続けるワン&オンリーな存在。その卓越したスキルと常人離れしたバネを駆使した滑りで、日本のスケート史に名を刻んだトゥルーオリジナル。’90年代にはMenace / City Starsに直スポンサーを受け、’00年代にはClichéのライダーとしても活動。代表作は『Phackable People』(’92年)、『Little Phat』(’93年)、『TOKYO ’95』(’95年)、『Street Cinema』(’01年)、『Get Up Stunt Up』(’10年)。

 
Q & A
  • 出身地:東京
  • 肩書き:プロスケートボーダー、ラッパー
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:SK8Mafia、Puma、Nesta Brand、Oakley、Fizz Bearing、Thunder、ST-Line、Arktz、New Type、Nakama Racing
  • 靴のサイズ:26.5cm
  • 生年月日:1977年4月25日
  • スケート始めた年:25年前
  • 好きな数字:1、一、壱、ONE、
  • 初めての海外の感想:見るものすべてが初めてでブッ飛ばされすぎて、あっと言う間の1ヵ月。
  • 初シグネチャーデッキの感想:これが世界中で売られてるんだ!! 「目標がひとつ達成できたな」という感じです。
  • マイトリック:Fs 360オーリー、ヒールフリップ系。
  • カリーム・キャンベルとの思い出:秋葉でチル。
  • 好きな言葉:天下無双、一期一会。
  • スケートと音楽の共通点:ルールが無いところ。
  • 好きな漫画:『花の慶次』
  • プレッシャーを感じた瞬間:練習量で跳ね飛ばす。
  • 海外の舞台を目指すスケーターへ一言:まずは実際向こうに行ってみよう。英語不可欠!
  • ジャブ池の思い出:誰よりも先に来て、誰よりも後に帰るオレ。New Type連!
  • 気になる日本人スケーター:トウゴ、ブチ、コウタ、オッケン、あとセイショウ。
  • 『TOKYO ’95』での自身ベストトリック:最後のラインかな…みんなは?(笑)
 
City Stars『Street Cinema』
[INTER SECTION] JUN × SHINis_junshin
Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

ID

Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
  • PRIME
  • Bones Wheels

TRENDING -注目コンテンツ-