Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.275
07.04.2018
MARK OBLOW
マーク・オブロー

COLOR、PRIME、VITA、GRAVIS…これまでディレクションを手掛けたブランドは数知れず。スケートインダストリーのキーマン、マーク・オブロー。現在は自身のスケートカンパニー、TOGETHER TOGETHERを運営しながらSTANCE所属のアーティストとして活動中。

 
Q & A
  • 出身地:ハワイ
  • 肩書き:アーティスト
  • スタンス:グーフィー
  • 靴のサイズ:9.5インチ
  • 生年月日:1971年4月5日
  • スケートを始めた年:1980年
  • 好きな数字:3
  • 好きなアーティスト:マーク・ゴンザレス。
  • 絵を描き始めたきっかけ:スケートとサーフィンを通して。
  • ライブペインティングの魅力:観客にテクニックを見せられるところ。
  • スケートとアートの共通点:同じこと。スケートがアートそのもの。
  • 影響を受けたスケートビデオ:『cherry』。
  • 今注目しているスケーター:ケイダー・シラ。
  • 一番印象深いプロジェクト:GRAVIS。
  • Stanceソックスの魅力:足に密着する。
  • ブランドとコラボをするときに気をつけていること:思い浮かぶアイデアに忠実に。
  • Together Togetherの魅力:ヨンキー・チャン。
  • 創作のモチベーション:東京。
  • 日本といえば:「スゴイ」、「カワイイ」。
  • 日本で感じたカルチャーショック:日本の文化が根ざしたハワイで育ったから感じたことはない。
  • ハワイの魅力:アロハ。
  • 好きな海:オワフ。
  • 小原祐一の暴露話:オレのイエローブラザー。暴露話は腐るほどあるから別でインタビューが必要。
  • ディラン・リーダーとの思い出:ヤツと過ごした毎日。
  • 幸福を感じるとき:夢を実現させている今。
 
Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

ID

Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
  • DC SHOES
  • VOLCOM

TRENDING -注目コンテンツ-