Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.213
04.26.2017
MITSUGU TOYODA
豊田 貢

Santa Cruzより日本人初となるプロモデルを’80年代にリリースするなど、数多くの偉業を成し遂げたレジェンド、豊田 貢。50歳を越えた今なお、ボウルや雪山を攻めるアイアンマン。ジャパンエアーの生みの親。

 
Q & A
  • 出身地:神奈川県茅ヶ崎市
  • 肩書き:Professional Skateboarder / Professional Snowboarder
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:adidas SkateboardingShowgeki SkateboardsIndependentBones Wheels187 Killer PadsTeam RootsToyoda Skateboardsadidas SnowboardingThe North FaceTJBrandFlux BindingsOakleyBatsugun Tune UpMatsumoto WaxRevelation SurfboardsBGZ Wet Suit
  • 靴のサイズ:23.5cm(5.5インチ)
  • 生年月日:1966年8月1日
  • スケートを始めた年:1974年(8歳)
  • 好きな数字:50
  • 茅ヶ崎の魅力:生まれ育った故郷、そして海。
  • Santa Cruzプロモデルのリリースの経緯:当時、アメリカのコンテストに出場してる唯一の日本人だったからかな?
  • プロモデルを手にしたときの感想:嬉しくも恥ずかしくも夢のような気持ちだったが、自分の描いていたグラフィックとは違っていた…(^_^;)
  • オリジナルトリック:ジャパンエアーと言われてるが本人自身も定かではない…。
  • 絶対にハズさないトリック:ロックンロール、Bsエアー、Fsエアー、5-0、ハンドプラント。
  • Bestバーチカルスケーター:スティーブ・キャバレロ。彼は天才だ。
  • 仲のいい海外スケーター:スティーブ・キャバレロ、ジェフ・ハートセル、ベネット・ハラダ。
  • 最近気になるスケーター:ペドロ・バロス。
  • ヒーロー:スティーブ・キャバレロ、クリスチャン・ホソイ、サルバ、ジェフ・ハートセル、ロニー・ヒラモト、クレイグ・ケリー、粕谷修二、トム・カレン。
  • ココだけの話:健康オタクのジャンク好き。
  • 黒歴史:10代から20歳くらいまでの調子に乗ってた自分。
  • モテ期:きっと、これから来る…。
  • スケートを続けていて良かったこと:スケートボードは人生において、成長や教育があり、生き方のようなものである。
  • オリンピックについて:スケートは競技だけではないことを忘れてはいけない。カルチャーやアンダーグラウンドな部分があってのスケートだからちゃんと歴史を知った上でスケートを楽しんで欲しい。スケートはセッションから多くのことが生まれるのだから。
  • 海外で活躍する日本人スケーターへメッセージ:日本という厳しい環境の中でよくぞ、世界の舞台に立つまでになったと思う。スケートパークが多くなってきたとはいえ、昔も今もまだまだ何十年も遅れをとる環境だ。そんな日本のスケーターに誇りを感じる。もっと世界を見て感じ、日本人ならではの優しさ、しなやかさ、繊細さで世界を揺さぶってください。
  • 今後の活動予定:スケートでは4、9、10月にアメリカ、5~8月は国内ツアー、そのほかスケートスクールを各地で開催予定。スノーボードは未定。サーフィンは波のいいところで。
  • 現在の目標:次は60歳まで続けること。動くこと。ひとりでも多く昔の仲間をスケーターに戻すこと。ひとつでも多く、現役時代のトリックを取り戻すこと。
 
3MC - adidas Skateboarding
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 常勝無敗のスーパースケーターは日本人のクオーター

  • アラフォーの鈍さ、重さ、適当さ、エゴを堪能!!

  • 滑って飲んで食べまくる…レッツエンジョイ試履会

  • 設立20年目に登場した初フルレングスにしてマスターピース

  • 苦手なミニランプの克服なるか…人気企画の番外編

  • 糞餓鬼たちの原点。ダウンヒルでの鬼スラムも収録w

ID

Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
  • ETNIES
  • DC SHOES

TRENDING -注目コンテンツ-