Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.032
10.09.2013
サイモン・ロケット
SIMON LOCKETT

南半球はニュージーランド出身、吉祥寺在住の元プロスケーターのサイモン・ロケット。パワフルな滑りと高さのある回し系トリックを武器に、日本とニュージーランドのスケートシーンを繋いだ立役者。’97年にリリースされたFESNの作品『東西南北』のパートは未だにスケーターの語りぐさとなっている。現在は英語教室を営む傍ら、カンフーなどの武術に没頭する毎日を過ごしている。

 
Q & A
  • 出身地:ニュージーランド、ウェリントン
  • スタンス:レギュラー
  • スポンサー:FATBROSLoyalty Trust
  • 靴のサイズ:11
  • 生年月日:1975年8月12日
  • スケート始めた年:1987年
  • 好きな数字:8
  • 吉祥寺のおすすめスポット:Bar Katie
  • ニュージーランドのいいところ:人が最高、いたるところにスケートパークがある。街もそこまで忙しなくないからスケートしやすい。美しい景観。
  • 初めて覚えた日本語:ビール1杯ください。
  • お気に入りの日本語:乾杯!
  • ここだ変だよ日本人:電車で立ったまま爆睡(笑)。
  • 意外な性格:好きな曲を見つけたら、それだけを1ヵ月、いつでもどこでも聴き続ける。
  • 麻婆豆腐 or マーマイト:朝にマーマイト、夜に麻婆豆腐(笑)。
  • FESN『東西南北』の思い出:人生最高の思い出。日本に来たばかりですべてが新鮮だった。NZの親友、シェイも遊びに来ていたしね。日本のスケートカルチャーの進化に尽力できている感覚があった。中野サンプラザクルーの一員だったことを誇らしく思う!
  • 武術を始めたきっかけ:友人から60歳の師父を紹介された。力が満ちていて、人生を愛する男だった。オレより柔軟で強かった。あんな60歳は見たことがなかった。彼に会ってから、多くを学びたいと思った。
  • 好きな武術家:フロイド・メイウェザー。
  • 武術の魅力:人生について学ぶことができる。薬、食、命、戦争、家族…格闘技から学ぶことはすべて人生と家族に役立つ。
  • ニュージーランド先住民マオリギャングの怖い話:地元ウェリントンで20人のトンガ人ギャングに追いかけられ、深夜3時に小学校に逃げ込んだ。屋根の上に隠れていると、ナイフを持ったギャングメンバーがオレらを探していた。見つかったらマジでヤバかった。
  • ブルース・リー or ジャッキー:ジェット・リーならふたりとも秒殺(笑)。
 
Simon Lockett – 東西南北
Simon Lockett Skateboarding
Nixon x C.R. Stecyk III

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

ID

Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
  • ETNIES
  • ELEMENT

TRENDING -注目コンテンツ-