抗生物質


 
 自分、体調が悪くなったり疲れが溜まったりするとすぐに扁桃腺が腫れるタイプであります。ただでさえ大きめの扁桃腺が腫れてさらに大きくなるので、食事はもちろん飲み物や呼吸も一苦労。扁桃腺の腫れがやがて身体のダルさ〜発熱へとつながっていくというのが長年の定番になっています。
 これまでの経験から扁桃腺に違和感を覚えるとすぐに耳鼻科に行くのですが、喉を診てもらい抗生物質と鎮痛剤を1週間分渡されるというのがお決まりのパターン。扁桃腺を取り除くというのも一案なんですが、調べたら手術がハーコー気味なのと術後数日食事が大変(喉だからね)らしいのでNG。具合が悪くなるたびに耳鼻科に行って毎回同じやり取りをしてもしょうがないし…と考えた結果、思いついたのが「抗生物質をネット通販しよう」ということでした。
 抗生物質の処方は日本だと医者の処方箋が必要(多分)なんですが、もしかしたら海外だと大丈夫かもしれないというのがその根拠。日本とはルールが違う海外だったら抗生物質くらい気軽に買えるだろ…と安易に思ったワケです。
 ということでWebをディグると通販サイトを見つけました。たくさん薬の種類があるなかで「これだっ!!」と思うものをフィーリングでチョイスしショッピングカートへGo。購入から1週間かからないくらいでシンガポールからパケに入った抗生物質のシートが届きました。なにこれ怪しい…と思い逡巡するも勇気をふり絞って体内に投下。すると違和感のあった扁桃腺もみるみる改善へと向かっていくではないですか!
 自分の場合、これで当分耳鼻科いらず。この薬がここ最近のベストバイ。ただし、日本の薬事法的にどうなのかとか、抗生物質によるリスクなんていうデリケートな問題もあると思うので、そのあたりは十分気をつけたいところ。
 なお、抗生物質は一部の性病なんかにも効くらしいので、風●愛好家なんかにもおすすめです(小声で)。

–TM

 

NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 記念すべきGUEST TALK第1弾はバーチカルの神

  • 偉大なスケートレジェンドを父に持つ2世スケーター

  • LAKAI誕生秘話。「スケートの本来の姿を体現したい」

  • ボスが語るフルレングス『THE FLARE』の舞台裏

  • LAKAI JAPANが誇る新世代のキング・オブ・ポップ

  • 海を越えLAKAIが繋いだふたりのファッションアイコン

  • STANCE
  • BRIXTON

TRENDING -注目コンテンツ-