ドラムバトル


 
 藪から棒ですが、自分のここ最近の密かなマイブームがジャズのドラム。もっと詳しく言うと「ドラマーがリーダーのアルバム」を聴くのが好きです。「ドラマーがリーダー? TOKI●のこと!?(こちらのリーダーはギターを担当)」って思う人もいるかもしれないのでざっくりと説明すると、アルバムの名義がドラマーで、そのドラマーを中心に他の演奏者を集め録音された作品。普段は目立たず縁の下の力持ち的な存在のドラマーも、自分名義のアルバムだとテンション高めでいつもよりドコドコ叩きまくってる感じがして最高です。気合の入ったドラムソロなんかが来ると、通勤途中のヘッドホン姿ながらも思わずニヤついて周囲から警戒されちゃいます。さらに、金管楽器やピアノといった花形とは違ってベースやドラムといったリズム隊はリーダー作が少ないので音源を集めやすいのも魅力的。
 とまあそんななか今回紹介させてもらいたいのは、ジャズ・ドラムでも異端のバトルもの。並んだふたりのドラマーがそれぞれソロを披露し合う異色作。ここ数年MCバトルが人気ですが、いまから半世紀近く前にこんなバトルがあったっていうんだから音楽って面白い!
 そうそう、VHSMAGで発表された東海岸のあの人の東京パートの楽曲もドラマーのリーダー作。曲を聴いただけでピンと来たアナタはかなりマニアック!!

–TM

 

Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 人気リアリティショーに出演。肩書はプロスケーター

  • アメリカでもお騒がせ! この男いろいろ持ってます

  • う●こをどうこうするイベントではありません。あしからず

  • ピザとビールを手に大盛り上がり。イベント名の意味は秘密

  • スケート界のセクシャルマイノリティ。一大決心のその後

  • 人気ラッパー/YouTuber。きっかけはストリートでの邂逅

  • VANTAN
  • DC SHOES

TRENDING -注目コンテンツ-