救世主

 自分は年齢にしては比較的スケート頻度は高いほうだと思います。スケートが生業ではないし、厳しいトレーニングなども嫌いなので、スケートに関して言えば無理はしませんが、それでも身体のいたるところにプチ痛みを感じるわけです。「他人に優しく、自分にはもっともっと優しく」がモットーなので、疲れたらすぐに近所の整骨院に足を運んで、疲労困憊した身体を先生にグゥグゥグゥ〜(最近担当者が移動になってしまった…)してもらう。とはいえ、24時間営業ではないし、いちおう社会人の身であるので、身体に違和感を覚えても仕事の都合などで整骨院にピットインできない日も多々あります。そんな悩み(?)を一蹴してくれるアイテムをちょっと前にホマゾン、ではなくアマゾンでゲット。その名も“Rumble Roller(ランブル・ローラー)”。
 海外のプロスケーターなどがアフタースケートに太腿だの腰をゴリゴリとやっているのを目にしたことがあるかと思いますが、要するにあれです。筒状のローラーで最近流行の筋膜リリースをするわけですが、これが効く! 疑い深い性格というか、基本は自分が試してからでないと信じないたちなのですが、これはガチでいい。帰宅してからニュースでも見ながらゴリゴリとやるわけですが、身体のちょっとした違和感を払拭してくれます。おかげさまで整骨院に通う頻度が減ったので、経済的にもグッド。ということで、自宅や遠征先で気軽にボディケア可能な優れアイテム“Rumble Roller”を、実体験よりおすすめさせてもらいます。
 先日、中学生スケーターが神妙な面持ちで「成長痛で足が辛い…」とのこと。知らんがな!

─KE

 

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • スケーターのための豆知識。このトリックの発案者は?

  • フィルマー必見。名パートにまつわる撮影テクの雑学

  • 「重力に逆らう」物理的に不可能な試みの舞台裏

  • クセのあるプッシュの理由。今はなき時代の産物

  • 「責任者はキミか?」「いや、自分は無責任者です」

  • 「任意でしょ。イヤです」確実にモメる職質対応のススメ

  • VOLCOM
  • NEW ERA

TRENDING -注目コンテンツ-