ADAM

 アダム・マクナットと聞いて反応したそこのアナタは、間違いなく’90年代の残党。薮から棒にアダムさんですが、’90年代前半に活躍した“隠れ天才”という言葉がピッタリなスケーターのひとりです。元々はPowell Peraltaのライダーとしてデビューし(デッキカンパニーの数が片手におさまるぐらいの時代)、後にWorld Industries系列の101に移籍。当時神童と呼ばれていたガイ・マリアーノに匹敵する実力の持ち主だったと今でも思っています。トリックセレクションが時代の先を行き過ぎていて、当時のスケートシーンそのものが彼の動きについて来れていなかったのでは。なにしろ過小評価されていたわけではないでしょうけど、もっと出世していてもよかったかなと。後に、101でチームメイトだったジェイソン・ディルやWorld系列のスケーターのインタビューなんかをかい摘んだ情報で人物像を推察するに、どうやらあまり社交的ではなかったようです。急速に変化し続けるミッド90’sの激動スケートシーンに、性格的について行けなかったとか(または意図的に)。まあ、理由は人それぞれでしょうけど、いちファンとしてはやっぱりかっこいい姿というかフッテージをもっと観たかったなと。Evolなるブランドに移籍してからのアダムさんの活躍ぶりはなかったことにしておいてください(笑)。てか、以前にもRandom内で同じような記事を書いたけど、ドンマイってことでorz

─KE

 

Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • FTC
  • BRIXTON

TRENDING -注目コンテンツ-