賞金総額1200万


 2020年の東京オリンピックの影響か、ここ最近のコンテストシーンが大盛り上がり。そしてその盛り上がりに比例するかのように若い日本人スケーターたちの活躍も目を見張るものがあります。堀米雄斗の快挙はもちろん、世界の大舞台で日本人が優勝…なんてのにも驚かなくなってきました。
 そんなコンテストシーンを象徴するかのようなひとつのイベントが9月29日(土)、30日(日)の2日間に渡って開催されます。その名もCHIMERA A-SIDE。お台場の特設会場を舞台にこれまで5度のイベントを開催してきたアーバンスポーツフェスティバル、CHIMERAが主催するビッグコンテスト(ちなみにCHIMERA A-SIDEとCHIMERA VOL. 6は同時開催)。スケート、BMX(ストリート・パーク/フラット)、インラインスケートの4種目でそれぞれ300万、トータルで1200万円という超高額の賞金が魅力的。各種目の賞金内訳ですが、1位 200万円、2位 50万円、3・4位 15万円、5~8位 5万円という8位までおいしい内容。
 優勝して200万円なんてゲットしちゃったらカリフォルニアで半年はスケートして暮らせちゃいますね! といろいろ夢想するのは楽しいんですが、そのためにはまずエントリーしないと始まりません。200万ゲットのための第一歩として、公式サイトから早速エントリー! エントリーの締切は9月21日(金)となっておりますので要注意です。
 なお、今回の特設セクションのメインとなるダブルセットはこれまでアツい記録を生み出してきた某学院と同サイズ。いまは無きセパレートのハンドレールもここでは復活しているので、伝説的スポットのレコードに挑戦してみるのもアリですね!

–TM

 

Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • NEW ERA
  • STANCE

TRENDING -注目コンテンツ-