CITY OF 神風


 
 「日本の未来は(Wow Wow Wow Wow)、世界がうらやむ(Yeah Yeah Yeah Yeah)♪」。掘米雄斗のSLS連覇、池田大亮のMystic Cup優勝をはじめ日本人スケーター(男女)の快進撃が止とまらない!! 
 いまさら言うまでもないけど、世界の強豪相手に互角、それ以上の活躍をしている日本人スケーターの奮闘っぷりに連日上がりまくり。これは便乗するしかない! ってことでさっそくコンテストネタなんだけど、これを話題にするとどういうわけだか横槍が飛んでくる。「カルチャーがない、スケートはスポーツじゃない、FX&Kオリンピック」などなど…。ちょ、ちょっと待った! コンテストがこれまでのスケート文化を形成する大きなファクターのひとつを担ってきたわけだし、時代は違えどゴンズもゲレロもドレッセンも若い頃はコンテストでハスリンしてきたんだぞ。そもそも昨今のヤングガンズにとってはお祭りのひとつぐらいにしか思ってないだろうし(多分ね)、コンテスト(大会)ってワードに過剰反応する人って基本コンテストと縁のない人なんだけど。オリンピックに関して言うと、選抜選手が誰になるにせよ若いスケーターたちが日の丸背負って世界の強豪と真剣勝負するわけだから、真っ先にスケーターが応援しないでどうすんのよ。たしかに運営サイドの不透明さというか利権争いみたいなあれは✕✕✕✕ですけど。
 おっと、大会に参加したこともない外野が騒いで失敬。話を戻しますが、素晴らしい結果を残すスケーターは無条件でビガップス(×10)なんだけど、個人的にはベストトリックだったりで会場を沸かせるスケーターにグッときます。エンターテイナーっていうかイベントごとには欠かせない、いわゆる“記録より記憶に残る人”。先日プラハで行われたMystic Cupでの白井空良は最たるもの。人々を熱中させるってよりも熱狂させちゃうあのノリ。ガゼルフリップからのリップスライドってどんだけよw  あの一発で世界のスケートコミュニティでの語り草になっちゃうんだから、スケートボードって面白すぎ。しかも、連日の彼ら(彼女ら)の活躍はプロローグに過ぎないというか、ここからオリンピック(さらにその先)に向けて勢いが加速していくわけだから多い日も安心。外野席の自分が言うのもあれだけど、スケートコミュニティだけに関していえば日本の未来は明るい(はず)。
 そうそう、数年前に日本人スケーターの滑りを見た某有名プロスケーターが核心をついた言葉をこぼしておりました。「日本はNextブラジルだ」

─KE

 

 


P.S 「結婚おめでとう! We ♥ You」

Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • VOLCOM
  • PRIME

TRENDING -注目コンテンツ-