éS – SAL 20

 éSより、’90年代半ばにリリースされスケートコミュニティを席巻したブランドのアイコン的シューズ、Sal 23がSal 20として再登場しました。ざっと説明させていただくと、本モデルは’80年代終わりからストリートスケートにおいて時代の先を行っていたサル・バービエのプロモデルで、éSよりリリースされた初のシグネチャーモデル。
 サル本人いわく、当時はブラック、ホワイト、ブラウンとシンプルなカラーリングのシューズがなかなか手に入らなかったため、このようなベーシックなシューズの登場は革新的だったとのこと。また、タンのデザインは当時のストリートスケーターの間で爆発的な人気を誇ったPolo Sportにインスパイアされているとのこと。そして、再登場した本モデルのSal 23がSal 20、数字が23から20に変更されたワケ。それは、今年が’95年に立ち上げられたéSのブランド設立20周年ということで20となったとのことです。
 なにはともあれ、éSのブランド設立20周年とSal 23の再発を祝い、改めて本モデルのプロモビデオやサル・バービエのにまつわる動画の数々をチェック。自分も’90年代半ばには何足履きつぶしたかわからないほどの思い出のシューズでもあります。ストリートスケーターがこぞって履いたSal 23の再登場は、オヤジスケーターにとっても、ヤングにとってもビッグニュースです。

–MK

 


Sal 20のプロモビデオ。現在のサルのスケーティングも収録されています。


1989年にリリースされたH-Streetの『Hokus Pokus』からサルのパート。時代の先を行っています。


1992年のPlan B『Questionable』。サルの当時のファッションにも注目。


サルのGuest Talkを改めてチェック。

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • LONGLIVESOUTHBANK
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • スケーターのための豆知識。このトリックの発案者は?

  • フィルマー必見。名パートにまつわる撮影テクの雑学

  • 「重力に逆らう」物理的に不可能な試みの舞台裏

  • クセのあるプッシュの理由。今はなき時代の産物

  • 「責任者はキミか?」「いや、自分は無責任者です」

  • 「任意でしょ。イヤです」確実にモメる職質対応のススメ

  • NEW ERA
  • ELEMENT

TRENDING -注目コンテンツ-