ハッピーエンド

 閉店間際にかかる定番のあの曲ですが、“蛍の光”ではなく“別れのワルツ”だってことを先ほどネットで知りました。なんでも“蛍の光”は四拍子で、別れのワルツは3拍子の曲だそうです。先日公開されたイトシンのFeatureパートのエンダーの後ろにうっすら流れている“別れのワルツ”なのですが、あれは編集で挿入したBGMではなく、現場音をそのまま活かしてあります(編集で挿入していたらハイセンス)。
 事の経緯はザックリこんな感じ。Featureパート制作の大詰めで四国へと撮影トリップに出向いたのですが、思ったように撮影がはかどらずちょいヴァイブス下がり目。お目当てであった某スーパーのパーキング内のスポットで前日にトライするもあえなくキックアウト。翌日は撮影最終日。人がまばらな時間帯を狙って再トライするも、メイク目前でまたしてもキックアウト。それでも諦めきれず、一度撤収したのち閉店間際に三たびスポットへ。警備員が上の階からパーキングを閉める手順のようなので、お目当ての階がクローズされたタイミングに忍び足で侵入。(吉岡)賢人が出入り口に目を光らせ、ブタゴリラが階段を監視し、警備員の姿が見えた瞬間全員隠れるといったことを何度か繰り返す。そして閉店のテーマソングがかかったタイミングでまさかの完璧メイク。
 緊迫した状況の中で、正直あのクオリティでメイクするとは想像していなかっただけに(ゴメンよイトシン)、歓喜に沸くみんなの姿と、長居は禁物とばかりに現場を立ち去る様子はまさに“別れのワルツ”のよう。翌日は晴れて羽田空港へと向かったわけなのですが、実はあの晩ヤツはもうひとつハンマーをメイクしていたというのはココだけの話。ポロッポー!!

–KE

 


[FEATURE] SHINICHI ITO

NIXON – BONES BRIGADE COLLECTION

Click to Share

  • SUPREME
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE
  • ASPHALT YACHT CLUB
  • G-SHOCK

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • Pick Upパート公開記念。森中一誠のスキルフルな1本

  • 池田幸太のルーツとストリートシュートの舞台裏

  • 井関とカミ、スケート写真家のプロフェッショナリムズム

  • “スタン”がつく国々へ。命がけのスケートトリップ

  • ちょいダルおやじ。スケートショップのあるある話

  • HUFのCity Japan Tour。その見どころは日本が誇る三本木 心

  • Bronson Speed Co.
  • Isle Skateboards
  • BOHNAM
  • MATIX
  • Welcome Skateboards
  • Welcome Skateboards
  • VOLCOM
  • BLVD
  • OSCSTORE
  • HABITAT
  • TOY MACHINE
  • BAKER
  • RAWDOGRAW
  • DC × BAKER
  • FTC
  • PRIME
  • HUF
  • VANTAN
  • STANCE
  • BRIXTON
  • ELEMENT - MAKE IT COUNT
  • VOLCOM x NOZAKA x USUGROW