マニー

 「マニュアルを制する者はスケートを制す!」とは地元のパイセンスケーターの弁。精密なボードコントロールを求められるという意味では一理あるなと。古くから存在したマニュアル(もともとウィーリーと呼ばれていた)だけど、映像として最初にインパクトを残したのはWorld Industries『Rubbish Heap』(’89)のマイク・ヴァレリーだと記憶しております。マニュアルからのワンフット抜き、ロングノーズマニーと新手のマニーを披露したかと思えば、エンダーはまさかの超ロングマニーという斬新なビデオパートでした(ちなみにスパイク・ジョーンズ作)。いまとなってはテクスケーターの戦闘能力を測る上での分かりやすい指針となり、信じられないヴァリエーションが連日編み出されているけど、自分的にはシンプルなノーズマニーと180からのリアマニュアルが一番かっこいいと思っております(いつのまにかマニュアルからマニーへ進化)。
 そんな自分の好みはどうでもいいのだけど、最近はレイシー・ベイカーのマニーの動きに首ったけ。ノーズマニーの耐え具合に加え、女子スケーターらしからぬ(ジェンダー差別じゃないぞ)サグ具合がカッケーす。ちなみにそのパイセンスケーターはマニュアルの使い手にはなったけれども、苦手なRを克服することなく…。

─KE

 

NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 記念すべきGUEST TALK第1弾はバーチカルの神

  • 偉大なスケートレジェンドを父に持つ2世スケーター

  • LAKAI誕生秘話。「スケートの本来の姿を体現したい」

  • ボスが語るフルレングス『THE FLARE』の舞台裏

  • LAKAI JAPANが誇る新世代のキング・オブ・ポップ

  • 海を越えLAKAIが繋いだふたりのファッションアイコン

  • ELEMENT
  • TOY MACHINE

TRENDING -注目コンテンツ-