SLIDER 場外乱闘・番外編

マネーゲーム

 営業車でクライアント先を周る機会が多い自分、移動中の車内ではラジオが相棒。そして程よく聞き流しながらも都合のいい情報や音楽に耳を傾けています。ある日、いつものようにラジオを流していたら「過払い金の請求相談は●●法律事務所、0120-●●●-●●●●までお電話を」なんてフレーズを繰り返すCMが流れてきた。一体なんだろうと思ったら、その昔グレーゾーン金利で借金をした人の過払い金を法律事務所が代行しますよ的なCMだった。
 ふーん、ふむふむなんて聞きながら、そういえば……とふと20代の頃の自分を思い出した。
 「南アフリカの金の採掘量によって金相場が変動します」と専門用語をずらずら述べられながら、アラジンとかいうチャート表を見せられて、渋谷の喫茶店で少し年上のスーツを着こなした営業マンの話を聞き込む自分がいた。簡単にいうと先物取引で、金を買って利ザヤを儲けようということで興味本位で投資をしてみた。当時でいうグレーな金融機関からかき集めて、先ずは100万円。結果、50万円の利益が出たのでやめようと思ったら、巧みな営業話術でなかなかお金をもらう話まで辿りつけない。無理もない……当時若造だった自分は、完全に相手に論破されていたのである。そして、好調だというパラジウムに追加投資を行い結果を待つことになった。
 数日後、連絡があり「お客様! 今回のお取引が失敗してしまい、元本の半分を割れますと残金と投資の権利を失効します。なので、追加投資はいかがですか?」なんてまくし立ててくる。そして巧みにオトコならここは! とかここを乗りきれば市場が上向く! とか……いま思えば根拠のない理屈を信じるオレがいた。そして最後は投資が200万円ほどに膨らみ、どうにもならなくなり取引終了。残ったのは借金だけ。給料で返しても返しても利息が高く、例えば5万円返済しても、そこから利息が4万円も抜かれるというシステムが当時は法にも触れず横行していた。結局、夜のバイトと月収と合わせても使えるお金はスズメの涙。後から気付いたのだけど、このとき知り合いの利息の安い金融機関を介して、自然と行えたのが後に聞く「一本化」であった……。地道になんとか返済を完了し、今ではその高い授業料を忘れずに、予定外に培った勘繰りを活かして広告営業の日々を送っています。
 2017年も上っ面なマネーゲームではなく、クライアントに寄り添う芯のあるメイクマネー、そしてスケート、横ノリ業界に還元ができるようにお手伝い頑張りたく思います。

3MC - adidas Skateboarding
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • グローバルに羽ばたいた日本人スケーターの先駆け

  • '90年代からトップに君臨するストリートスケートの雄

  • 1979年。史上初のスケーター・オブ・ザ・イヤー

  • 二度のドタキャンを経て実現したインタビュー

  • 国内のトップスケーター集結。アツいスケートの祭典

  • 今年も開催決定。おバカ種目満載の裏オリンピック

  • VOLCOM
  • VOLCOM

TRENDING -注目コンテンツ-