Akihiro Iida 飯田明弘

スケートを始めたきっかけ:
15歳のときに地元のヤマケンってヤツがスケートをしていて、デッキを借りてプッシュをした。それからスケートにハマった。

初めて自分のオーリーが高いと実感したとき:
周りの人から「オーリー高いね」って言われたとき。

初めて感じた京都の良さ:
鴨川のパンチラ。スケートスポットがあることを知ったとき。

初めての泣き言:
イタイ、イタイ、本当に痛いから!!

初めて見て見ぬふりをしたとき:
ヤクザ同士のケンカ。

初めて自分を恥じたとき:
泥酔して起きたら知らない部屋だったとき。

初めてのスケートトリップ:
16歳のときに永原 健に連れていってもらった夜の大阪。40人くらいスケーターがいてマジ焦り。

初めてのビデオパート:
TIGHTBOOTH PRODUCTION 『LENZ』。

初めての大けが:
スケートを始めて1年くらいずっとオーリーができなくて、やけくそでステアを飛んだらグネッて足首を骨折。2ヵ月間ギプス。

初めてスケートの欲望に勝った誘惑:
女、女、女、女、女。

初めて外国人と勘違いされたとき:
竹下通りを歩いていたら外国人用のアンケートに答えてくれと言われた。しかも30分で3回…。

初めてついた嫌なニックネーム:
ヒトエ。

初めて感じた恐怖:
手術前の下半身麻酔。

初めてキレたとき:
スケートを持っているだけで職質されたとき。

気になるスケーターの“初めて”を探るコーナー
THE FIRSTS。今回は、モンスターオーリーを誇る
イーチャンこと飯田明弘の登場。
京都出身の放浪スケートライフを送るオーリーマスター。極悪の強面だが、内面は鴨川の水面のようにピースフル。ドメスハットブランドGAciousの加入も決まり、精力的に活動する注目度No. 1のアップカマー。
CAMPUS VULC X ALLTIMERS

  • SUPREME
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE
  • MYPAKAGE
  • G-SHOCK
  • CHROME

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • ふぞろいの林檎たちの第2作。大阪・神戸へと進出

  • ’14年公開、ブランドの原点。腰を据えてじっくりとどうぞ

  • あのaiboが復活。オリジナルのデザインを手掛けたのはこの人

  • 瞬殺に次ぐ瞬殺。都内の各スポットを「完全に破壊する」

  • ワールドフェイマスなふたりのアートとスケート観

  • 普段はちゃらいけどスケートは本気!? 40歳40技なるか

  • MOB GRIP
  • Flip Skateboards
  • DVS
  • DVS
  • Welcome Skateboards
  • Welcome Skateboards
  • VOLCOM
  • BLVD
  • OSCSTORE
  • FOUNDATION
  • TOY MACHINE
  • SK8MAFIA
  • ETNIES
  • DC SHOES
  • FTC
  • PRIME
  • HUF
  • VANTAN
  • BRIXTON
  • BRIXTON
  • ELEMENT
  • VOLCOM
  • CHALLENGER

TRENDING -注目コンテンツ-