Chris Keeffe

初めてのセットアップ:
Visionのジョン・グリグリーのモデル、幅の広いThunderのトラックに97AのBonesのウィール。

初めてメイクしたトリック:
ボーンレスだね。

初めて観たスケートビデオ:
’86年の『Oceanside Street Attack』。

初めてのスポンサー:
母親。

初めて載ったスケートマガジン:
’93年のSLAP 6月号。NYのミッドタウンのCBSでゲイブ・モーフォードが撮ったオーリー。

初めてのビデオパート:
スポンサー・ミー・テープ。

初めてしたスケートでのケガ:
最後にしたケガと同じ。

初めてデッキを折ったとき:
プレッシャーフリップが流行ったときに、怒りがマックスに達してブチ折った。

初めて覚えた汚い言葉:
プレッシャーフリップはファックだ!

VHSと聞いて初めに思い浮かぶこと:
どうやったらビデオテープに音楽を入れられるんだ?

ニューヨーク州クイーンズ出身。’90年代にCapitalやFTCに在籍したOGニューヨークスケーター。セレクトショップ兼ストリートウェアブランド、DQMを立ち上げたNYストリートのキーマン。
気になるスケーターの“初めて”を探るコーナー
THE FIRSTS。今回は、ニューヨークのOGスケーターであり
ストリートウェアブランド、DQMのクリス・キーフの登場。
NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 記念すべきGUEST TALK第1弾はバーチカルの神

  • 偉大なスケートレジェンドを父に持つ2世スケーター

  • LAKAI誕生秘話。「スケートの本来の姿を体現したい」

  • ボスが語るフルレングス『THE FLARE』の舞台裏

  • LAKAI JAPANが誇る新世代のキング・オブ・ポップ

  • 海を越えLAKAIが繋いだふたりのファッションアイコン

  • TOY MACHINE
  • FTC

TRENDING -注目コンテンツ-