Yoshiaki Toeda

初めて影響を受けた日本人スケーター:
ZIZOWくん。

初めてセガ前(鵠沼縁石スポット)で滑ったのは:
13の時かな。

初めてメイクした回しトリック:
ポップ・ショービット。

初めて海外から直にスポンサーがついたのは:
18か19。ラカイの契約書にサインした。

初めてシグネチャーモデルが出たのは:
22の時。Western Editionのシグネチャー。たしか22歳の誕生日と同じ時期だった。

初めてアメリカで一緒に滑ったプロスケーター:
PJ Ladd。

初めてアメリカでぶちあたった壁(言葉の壁以外のスケート関連):
特に無いかな~(笑)。

初めて載った海外のスケートマガジンとその内容:
Thrasher誌に載ったVentureの広告。サード&アーミーでのシークエンス写真。

初めてハマったマンガ:
One Piece!! 今でも!!

初めて泣いた映画:
『サトラレ』

初めて街で声をかけられたのは:
憶えてないけど、電気屋で話しかけられた時はビックリして変な動きした。笑

初めてのビデオパート:
『Chatty Chatty』

初めて戸枝くんを知る人へ一言:
どもども~、あっどーもどーも~(笑)。

神奈川県出身。Chatty Chattyクルーの要で、先日発売された『Chatty Chatty4』で堂々のトリを飾り、日本スケート史に新たな軌跡を残した。スポンサーはWestern Edition、NIXON、Ninja Bearing、New Era、FTC、Murasakiスポーツなど。
気になるスケーターの“ 初めて ”を探るコーナー
THE FIRSTS。今回は鵠沼ローカルで日本のエース、
Western EditionやNinja Bearingなどからシグネチャー
モデルをリリースする、正真正銘のプロスケーター
戸枝義明の登場。
Nixon x C.R. Stecyk III

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • Blind Skateboards
  • ETNIES

TRENDING -注目コンテンツ-