I LIKE IT HERE INSIDE MY MIND, DON’T WAKE ME THIS TIME.

i-like-it-here-inside-my-mind-dont-wake-me-this-time

 2016年最大級の注目作、Polar Skate Co.による『I like it here inside my mind, don’t wake me this time.』が今週22日(金)の発売。ポンタス・アルヴが手掛けるフルレングス作品としては『Strongest of the Strange』、『In Search of the Miraculous』に続く3作目となる本作。前2作に引き続き、ポンタスの世界観、スケート観、仲間や家族への想いが散りばめられています。
 収録されたスケーティングも極上のものばかり。ヤルテ・ハルバーグのテクニック、アーロン・ヘリントンのスタイル、オスカー・ローゼンバーグやデイビッド・ステンストロムのトランジションスキルなどなど。中でもラストパートはマストチェックの内容となっています。
 本作はスケート史に残るかなりヘビークラスな作品。あなたのスケートライフの糧になること必至です。

出演スケーター:
Pontus Alv、Dane Brady、Roman Gonzales、Paul Grund、Hjalte Halberg、Aaron Herrington、
Michal Juras、Kevin Rodrigues、Oskar Rozenberg、David Stenström ほか

価格:
¥2,268

問い合わせ:
Kukunochi
045-325-7738 www.kukunochi.com


本作のタイトルは、Handy with Shovelsの“Nervous Nightmare”のリリックの引用。
これが過去にどの名パートで使用された楽曲かわかりますか?

Nixon x C.R. Stecyk III
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • VANTAN
  • ELEMENT

TRENDING -注目コンテンツ-