SKETCHY TANK

カリフォルニア・サンディエゴ在住のアーティスト/アパレルブランドのSKETCHY TANK。スケートやスノーをバックボーンに持ち、ブラック&ホワイトで描かれたドクロや悪魔などのアートワークがトレードマーク。悪夢のような世界観と現在のSKETCHY TANKを構築してきた経緯を探る。

[JAPANESE / ENGLISH]

Interview by VHSMAG, Photos courtesy of Sketchy Tank, Special thanks: Charlie Trading

VHSMAG(以下V): まずアートやイラストを描くようになったきっかけは?

Sketchy Tank(以下S): 絵はガキの頃からずっと描いている。1989年の8歳の頃にTシャツに自分のアートをプリントしていたくらいだから。きっかけというより、絵を描くこと自体が運命のようなものだったんだと思う。

V: 自身がアーティスト活動で影響を受けたものは?

S: ’80年代や’90年代初めのスケートのグラフィック、タトゥー、パンクロック、ヒップホップ、パーティとか(笑)。

V: タトゥーはファッションでもありだと思いますか?

S: 他人がやることはあまり気にしていない。その人たちがいいヤツで誰も傷つけていなければそれでいい。人生は短いからね。

V: 自分の作風に取り入れようとしている新たな文化は?

S: 日本にインスパイアされたカプセルコレクションが近々リリース予定だね。オレはずっと日本のアートや入れ墨文化に影響を受けている。

V: スケートやスノーボードと関わるようになった経緯は?

S: カリフォルニアのマンモスマウンテンで生まれ育ったから2歳でスキーを始めて、’90年代初めの11歳の頃にスノーボードに転向した。ちょうどスノーボードが広まった頃だった。当時はマンモスでスノーボードが許可されていなくて、ジューンマウンテンでよく滑っていた。スケートは幼稚園で始めて、8歳の頃に親父が裏庭にミニランプを作ってくれた。今はヘタレでケガをしたくないからスケートはあまりしていないけどね(笑)。

V: アーティスト活動の転機を教えてください。

S: 転機は仕事を辞めてフルタイムでアーティスト活動をし始めたことかな。Electricでスノーゴーグルのプロダクトデザイナーとして働いていたんだけど、いつからかその仕事よりもアーティスト活動のほうが稼げるようになっていった。人生最良の1日だった。あの日以上に自由を感じられたことはない。

V: Sketchy Tank名義での活動を始めたきっかけは?

S: Sketchy Tankはネットで見つけたヤバい写真を保管していた「the sketchy tank」というパソコンのフォルダー名から始まった。ヤバい写真といってもポルノや死体とかそういうものではなくて、ひどいタトゥーやクズがクズなことをしているものをスケート、サーフィン、アートやデザインと合わせたようなもの。そのフォルダーはサイズが1GBほどまで膨れ上がって、それを世に出すウェブサイトを作ることができればと思った。そうしてロゴを作って、ドメインを買って、ウェブサイトを立ち上げて写真を投稿していった。すぐにビューワーが増えていったよ。当時はフリーランスのデザイナー/イラストレーターだったんで自分の作品も公開することができた。Tシャツや作品もサイトを通して販売していった。

 





 

V: ブラック&ホワイトにこだわる理由は?

S: ブラック&ホワイトが一番しっくり来るんだ。個人的にカラーはダメなんだ。たまにカラーを使うことがあるけど、大体シンプルなものが好きだね。

V: 以前、Creatureのボードグラフィックを手がけていましたが、今後もスケートカンパニーとのコラボはありますか?

S: そうだね。来年はVansとのカプセルコレクションがリリースされる。Mob Gripとのコラボもある。

V: Sketchy Tankの今後の展開を聞かせてください。

S: 引き続き根気よくブランド、旅やイベントを続ける。知らない場所で新しい人と出会うのが大好きだからね。

V: 最後に今後の目標を教えてください。

S: 心地良い連中を乱して、乱れた連中に心地良さを与えること。

 

Sketchy Tank www.sketchytank.com

幼少期からアートに傾倒し、現在はSketchy Tankとしてアパレルを展開。これまでにRide、Union、Capita、Electricをはじめとするスノーブランドとコラボを行い、今年はVansやMob Gripといったスケートブランドとのコラボも予定されている。Creatureのボードシリーズを手がけたのも記憶に新しい。

Sketchy Tank
www.sketchytank.com

幼少期からアートに傾倒し、現在はSketchy Tankとしてアパレルを展開。これまでにRide、Union、Capita、Electricをはじめとするスノーブランドとコラボを行い、今年はVansやMob Gripといったスケートブランドとのコラボも予定されている。Creatureのボードシリーズを手がけたのも記憶に新しい。
adidas Skateboarding - Krooked

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE
  • MYPAKAGE
  • G-SHOCK
  • CHROME

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 平成生まれスケーター必読。世界を切り開いた大先輩

  • ドメスティックデッキの原点。リアル東京ブランドT19

  • プロ市民もOMG。ボディブローのように効いてくる感

  • スケート版『スタンド・バイ・ミー』。一路、琵琶湖へ

  • マイルス・シルヴァスを唸らせたクリップを収録。時は金なり

  • 規格外な少年が仲間入り。蒼井ソラではなく白井ソラ

VOICE OF FREEDOM

Hear the voice of key person in Skateboarding
スケート業界のキーパーソンの生の声を聞く
  • OJ Wheels
  • Welcome Skateboards
  • Welcome Skateboards
  • VOLCOM
  • BLVD
  • OSCSTORE
  • FOUNDATION
  • TOY MACHINE
  • SK8MAFIA
  • ETNIES
  • DC SHOES
  • FTC
  • PRIME
  • HUF
  • VANTAN
  • BRIXTON
  • BRIXTON
  • ELEMENT
  • VOLCOM
  • CHALLENGER
  • VISKART

TRENDING -注目コンテンツ-