スケートツール

 初めてのスケートボード。どのような形でコンプリートをゲットしましたか? 財布に優しいコンプリート? お値段は張るもののブランドやグラフィック、各パーツの性能を加味したものをゲットした人もいることでしょう。お店によってはドライバーとレンチがセットになったツールがサービスでついてくるところもあるようです。ひとえにツールといってもひとつひとつ挙げればキリが無いほど多くのものが出回っていますが、総じて無骨な感じが男心をくすぐるってもの。
 スケートを続けていくとツール、そしてメンテナンス用品なんかも次第に増えていきます。ツールも手に馴染み、使い勝手がわかってくる頃にはスケートもそれなりに上達し、もうドップリハマってるんじゃないですか? せっかくなので自分がこれまで使ってきて「これはオススメ」なツールをピックアップしてみたいと思います。

NINJAのペンオイル
ベアリングのメンテナンス用。ノズルがまさにペンのように細く、オイルが注しやすい。他にも家の鍵穴に注せば鍵の開け閉めがスムースに。僕の実家ではどうやら父親が趣味の家庭菜園でも使ってるそうな(用途不明)。

ネジ切りつきのレンチ
少しグレードの高いレンチにはネジ切りもセットされてたりします。そんなレンチが売ってなかった頃はアクセル側のネジがバカになり、まだまだ使えるトラックを買い替えるハメに…なんてことも何回かあったので。出番こそあまりないもののピンチの時に力を発揮してくれる頼もしいヤツ。

カラビナ一体型レンチ
SK8OLOGYというブランドからリリースされてますね。サイフの中にも収まるサイズのコイツは外出時の緊急時にもってこい。「レンチは天下の回りもの」ということでパークの片隅に忘れ去られたレンチをパクりパクられしてきましたが、これはパクられたくないw

ベアリングプレス機
通称ガッチャンコマシーン。Ninjaをはじめ、IndependentやHard Zeissといったブランドからリリースされているベアリングの着脱機。無骨な漢アイテムながら、あの固いベアリングの着脱作業が驚くほどラクになるのだから実は女の子にこそ向いているのかもしれないネ。

 間もなく2018年も終わります。年末清掃のひとつとして、普段衝撃や摩擦、ホコリにさらされるスケートボードをねぎらい、メンテナンスに時間をかけてみるのもいいんじゃないでしょうか。そして、これで今年最後のYo! Chuiとなりました。よく会う仲間から初めましての人まで「いつも読んでるYo!」っていう声や「今度アレについて書いてみたらw」とネタを提供してくれる人もいてなんとかやってこれてます。今年も1年ありがとうございました!

─Kazuaki Tamaki(きなこ棒選手)

 

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • LONGLIVESOUTHBANK
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • SLS制覇を記念して振り返る、女王君臨までの足跡

  • SLS 3連覇。最終戦は逃すも歴史的快挙に変わりなし

  • 世界で初めて披露したあのフリップトリックの舞台裏

  • 有名ロックスターも逮捕された伝説のスケートメッカ

  • 2000年代初頭発表、ドメススケートビデオの隠れ名作

  • 多国籍ビートをバックに繰り広げるストリートスケート

  • STANCE
  • NEW ERA