THE SAME NAME

 世界規模でその名前が知られているスケーター(プロアマ問わず)って結構いると思います。何しろ今やほぼ全世界の国と地域で老若男女に愛好されている健全なおかつメジャーなムーブメントですから、具体的な数字は分かりませんがちょっとした規模のプロスポーツリーグ、例えばとあるヨーロッパの国のサッカーリーグとか、ひょっとしたらMLB(メジャーリーグベースボール)で公認されている野球選手の総人数と同じくらい、あるいはそれ以上スケートボード愛好者の人口はいるのかもしれません。
 いかんせんスケートのこと以外はどんなスポーツの情報も持ち合わせていないので完全に憶測でしかないのですが、このようにある程度の規模と人数ともなってくれば普通は同姓同名の選手なんかがひとりやふたりは出てくると思われます。
 そしてスケーターの場合はどうかと言いますと、個人的に20数年間、時間の許す限りあらゆるスケートビデオを観て、聖典Thrasherマガジンをはじめ多くのスケートに関する情報媒体を読み漁り続けたことで、自分で言うのもなんですがスケートに関するかなり莫大な量の情報をこの空きスペースだらけの脳ミソにしまい込んでいます。そしてその中にはもちろん世界のスケーター選手名鑑とも言うべき姓名に関する情報も多数網羅しているのですが、完全な同姓同名のスケーターを見つけるのはここ最近まで困難を極めました。比較的シンプルでありそうな姓名で思い出そうとしても、僕の情報力ではまったく思い浮かべることができなかったのです。
 それが2011年、突如彗星のごとくシーンに現れたヤングスケーターによってようやく覆されました。そんな彼の名前はトム・ノックス。そうです、’80年代後半にスケートに明け暮れていた人ならばもはや忘れることのできない偉大なスケーターと完全な同姓同名です。
 この「KNOX(ノックス)」という姓、調べてみるとスコットランドで話されるケルト系言語をルーツに持つファミリーネームということのようなので、おそらくその血統を同じスコットランドに持っているのでしょうが、その姓名以外は国籍も世代も異なるふたりのビデオパートを改めてよく観てみると、その身体的特徴から来るスタイル、特に路上へのアプローチが非常によく似ているなぁと勝手に納得してしまうのは僕だけでしょうか?

–TH (Fat Bros)

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • LONGLIVESOUTHBANK
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • スケーターのための豆知識。このトリックの発案者は?

  • フィルマー必見。名パートにまつわる撮影テクの雑学

  • 「重力に逆らう」物理的に不可能な試みの舞台裏

  • クセのあるプッシュの理由。今はなき時代の産物

  • 「責任者はキミか?」「いや、自分は無責任者です」

  • 「任意でしょ。イヤです」確実にモメる職質対応のススメ

  • VANTAN
  • GRIZZLY

TRENDING -注目コンテンツ-