Nike SB dojo | スケートパーク

 物は大事に使いたいというか、ただの貧乏性か、デッキはいつもボロボロに…
──おニュー

2019.03.18

 物は大事に使いたいというか、ただの貧乏性か、デッキはいつもボロボロになるまで使う派。だいたい2ヶ月半ぐらいは乗っているんじゃないでしょうかね〜。最近はショップスポンサーであるHighsox Skateboardsのショップデッキを立て続けに3本4本乗っている。8.125のちょっとした変型シェイプはサイズ・形ともにお気に入りで、本当は他にも乗りたいブランドや形のデッキなんていくらでもあるんだけど、このショップデッキのストックがいつか底をつくまでは乗り続けるのもアリだとすら思う。とにかく乗っていて気分上がるからね!とか言って他の板に浮気する可能性はゼロではないが。笑
 そんなデッキ、今回は1ヶ月ぐらいで新調した。仕事で出かけた先で見つけたレンガのバンクウォール?ウォールバンク?で20分滑ったぐらいでノーズがボロッボロになったものでして。これ読んでる方なんてスケーターぐらいしかいないだろうからわかるでしょ、あのボロッボロにやられる感じ。まぁノーズがいくらやられたところでノーリー&スイッチを多用しないできない自分のスケートボーディングには直ちに影響ないということであまり気にせず乗り続けていた。

 そんで先日、Highsoxに立ち寄ったのだが自分のボロボロノーズを見たTK(店長)&マッキー(副店長)に板を変えるよう勧められた。「テールはまだまだ生きてるからまだいいよ」そう断ってみたものの「お店のライダーがそんなショップデッキ乗ってるのはなんかみっともねぇじゃねーか!笑」という言葉におされて新しいデッキを頂戴したというワケだ。なるほどそういう考えもあるのかい。
 しかしよく考えてみるとだよ。自分はシューズスポンサーなんていたことないから詳しいことはわからないけど、たとえばシューズのサポートを受けてるライダーの皆様、そこまでボロッボロになるまで履き潰すようなことはないはずである。広告塔であるライダーがきったねぇ靴だとマイナスイメージにすらなりかねないからね。そうならないよう、個人差はあれどそこそこのスパンで靴が支給されているように思うし、それが当然だと理解している(羨ましい〜〜)。
 、ということだとデッキもそんな感じなんだろうね。いやでもどうだろう、ノーズもテールも擦りきれて短くなるまで使うのはイヤだけど、ある程度のキズは残した上で次の板にいきたいんだよなぁ、、、「あの人の板、あっちもこっちも擦った痕ついてるね、ん?あのキズは何の痕?!」そんななるぐらい使いたいんだけど、どーなんすかね〜。貧乏性?笑
 
 そういやシューズスポンサーといえば、昨年末のクリスマス頃、Possessedプレゼンツによるスラッピーコンテスト。優勝者にはシューズのサポート1年分!ということで本気で狙いにいってみたものの優勝に及ばずでした(笑)。三重県からやって来たリッパー、シャイン光がその栄光を土産に帰って行きました。スキル、トリックチョイスさらにはセクシーさ加減まで容赦ナシ、ありゃ敵いませんですな〜。なんだか10代の頃に戻ったような、久しぶりにアツくなっちゃう面白いコンテストだったのは本当だヨ。

 
 

KINAKOBO SENSHU
Kinakobo Senshu
玉城和明 aka きな粉棒選手
高円寺在住の在日オキナワン。楽しそうに攻める大人たちに影響され育ったキッズは、いつしか楽しそうに攻めるキッズに影響されまくりの大人になりました。背丈はキッズのまま!?
Sponsors
  • ELEMENT
  • NB Numeric: New Balance