Nike SB dojo | スケートパーク

16日(金)はストリートファッションカルチャー誌「OLLIE maga…
──11月16日(金曜日)

2018.11.09

16日(金)はストリートファッションカルチャー誌「OLLIE magazine」さまのお膝元で。
先々月9月28日に発表したFESNの最新作「MY FRIEND BABU」のOLLIE magazine主催のトークショーが開催される。
もう見た人も居るかもしれないこの「MY FRIEND BABU」、
実はこの作品はFESN初の書籍作品にDVDが付属した作品。
ずっと暖めておいたFESNの書籍作品の第1回目がこの作品ということを知らない人の為に開催する運びになりました。
当日の会場ではBABUのドローイング作品や美術作品というレベルの唯一無二のスケートボードが展示される。
俺とBABUとの共同制作したスケボーはもちろんのこと、一緒に参加したアートフェス「2017リボーンアートフェスティバル」の逸話など当日は話すことが沢山ある。
俺以外のゲストに東京の若手スケーター代表から1人、ショーに参加するらしい。
どんな話が飛び出すことか?
若手のスケーターにとって意義ある時間になって欲しいと思う。

当日皆さんも宜しければ是非。
こちらも伝えることがある以上全力でやりますから。

Takahiro Morita
Takahiro Morita
森田貴宏
1975年生まれ 東京中野に拠点を置くスケートボード映像プロダクション「FESN (far east skate network)」を主宰。'95年からFESNとして数々のビデオ作品を発表し、その独創的なプロダクションスタイルから国内だけでなく世界中のフォロワーを持つ。'70年代後期アメリカ西海岸でサーフィンの流れをスケートボードにいち早く取り入れた伝説のチーム「ZEPHYR」を継承するボードメイカー「Z SKATES」の日本支部「TOKYO Z BOYS」のメンバーとしてキャリアスタート。'90年代はストリートを中心に日本各地で行われるコンペティション、デモンストレーションに参加しながら自身のビデオ制作を中心に活動。現在は自身のスケートをさらに進化させるべく、乗るボード自体をデザイン、制作する本格的なスピードクルーザーショップ「FESN laboratory」を経営する傍ら自身のクルーザースケーティングを広めるべく各地でデモンストレーション活動を行っている。
Sponsors
  • VOLCOM
  • Almost Skateboards