Nike SB dojo | スケートパーク

 スケートボードをしているといろんな場所で、さまざまな人に出会います。…
──第6回 : とあるOLの悩み

2012.03.27

 スケートボードをしているといろんな場所で、さまざまな人に出会います。よく一緒になる人に出会うと、スポットの話や共通スケーターの話やらとスケートに関する話題で盛り上がったりと楽しい時間が流れる。
 長い付き合いになると、その人の得意なトリックや好きなライダーやブランドを知っている反面、「この人は普段なにをしている人なんだろうか?」と私生活が謎に包まれていて、分からない場合も多々ある。

 きっとわたしもそう思われているひとりなのでしょう。

 わたしは何千人も勤務する都内のオフィスにて、大きな括りで言えばオフィスレディとして働いています。社内は女子の比率が高いので、女子力の高い世界にポツンっと放り込まれています。周りは、ひらひらのワンピース、きらきらのネイル、つやつやのリップ(スライドではない)、そして肩にはストール(コーピングにアレするヤツではない)みたいな環境。

 一応、私服勤務OKになっていますが、オフィスカジュアルが暗黙のルールです。しかしオフィスカジュアルとは何なのか? その曖昧さに反発心を覚えるわたし。
 とはいえそこは会社員の弱み、周囲の圧力に負け、当たり障りない格好で出勤しています。きっとライダース&ワークパンツに鋲ベルトで出社したら、普段微動だにしない警備員たちが、機敏な動きで声をかけてくることだろう。

 仕事帰りにスケートのイベントがある時は、早く解き放たれたい! という気持ちでいっぱいになる。着替える時間がもったいないから、ワークパンツとデッドケネディーズのTシャツをオフィスカジュアルで包み込み、涼しい顔で会議に出席する。なんだか小学生の時のプールの授業を思い出させる。
 仕事が終わると「この後ヨガだからお先ぃ~♪」的な顔をしてそそくさと退社。オフィスカジュアルを脱ぎ捨てるとコインロッカーからデッキを引きずり出して解放の世界へ走り出す。

 そして彼女たちは自分磨きに余念がない。「GWどこに行く?」の話題になると、ひとりやふたりは「私はハワイでショッピング~♪」、「私は韓国でエステ~♪」といった過ごし方のパターンが鉄板のように出てくる。すると湧き水のように「ハワイの◯◯◯に◯◯◯ができるらしいよ~」とか「韓国の◯◯◯にある◯◯◯ってエステがいいよね~」とか「◯◯◯にある新作の化粧品がすごくいいよ~」とか、まあみなさん持ってます引き出しを。現地の情報にとても詳しいのである。

 その光景を客観的に見ていると「◯◯◯にパークがオープンするらしいよ~」とか「◯◯◯のスポットがヤバい!」とか「◯◯◯の試写会があるらしい」って話してる時のテンションときっと同じなんだろうなぁってボーっと考えていると、「GWはなにするの?」のキラーパスがワタシに向けられた。

 わたしは「山形のチェリーパークに行くんだよね!」と言ったところ、どう反応していいのか分からなかったみんなが30点ぐらいの愛想笑いで返してくれた。現地の情報は得られなかった。

 そんな休みが明けると、みんながお土産を配布してくれるので、机の上が華やかになり、ちょっとした海外旅行気分だ。そしてわたしも、そっとチェリーパークのセクションの欠片をみんなに渡していく…。という破天荒なこともできず、カジュアルな感じのクッキーを配布するのであった。

--Satomix

  • DC SHOES
  • VANTAN