Nike SB dojo | スケートパーク

VOL. 060  今週はお盆ということで、かなりの名作を振り返っちゃ…
──“Let The Horns Blow” Mad Circle

2012.08.14

VOL. 060

“Let The Horns Blow” Mad Circle

 今週はお盆ということで、かなりの名作を振り返っちゃいます。便利なことに過去の名作はYouTubeで観ることができちゃうという、ものすごい時代になっています。そんなこんなで今週はあの先駆けオシャレデッキカンパニーなMad Circleの1st作品『Let The Horns Blow』をご紹介。もうね、何といってもこのVHS作品はパッケージからしてハンパないです。デザインもそうですが、紙パケでの創意工夫度が高めです。詳しいことは現物を持っていそうな地元の先輩にぜひ聞いてみてください!
 この作品、最初から最後まで選曲が良すぎて高まりまくりです。さてさて本編に入ります。まずは今は行方不明系なモーゼス・イトコネンですが、とにかくFsノーズスライドの踏み込みと耐えかたがかっこいいです。そしてVansのLampinの白が眩しすぎていかしてます。なにげにバーチもできちゃうところがカナダ仕込みですね。そしてエドワード・デベラ、タス・パパスときてアマチュア、フロウパートです。これまた選曲でブチあがりですね。中でもとくにマーカス・マクブライドが素敵すぎな滑りを見せてくれます。そしてこのブランドのオーナーであるジャスティン・ジラードのパートです。New Deal時代にいわせてただけあって回し系のトリック上手いですね。SFでトっぽい不良風なマイク・カオのパートで1ラインまさかのリック・イバセタが潜んでいたりとか、見どころ満載ですね。トリはやはりこの人、SJですね。もうかっこ良すぎな上に選曲もバッチリはまっていて、彼のベストパートなんじゃないですかねこりゃ!
 お盆休みをいかして過去作品をディグして明日のスケートの活力へといざなっちゃいましょう。

words by Yuh Yanagimachi

 
Let The Horns Blow 評価メーター
『Let The Horns Blow』
Mad Circle

編集部私物
 
  • VOLCOM
  • Bones Skateboard Bearings