Nike SB dojo | スケートパーク

この頃のジェイソン・ジェシーに憧れて、スラムしても即座に立ち上がって仁…
──HOLY BIBLE

2013.11.01
この頃のジェイソン・ジェシーに憧れて、スラムしても即座に立ち上がって仁王立ちするスタイルを真似てる先輩がいました。懐かしいなあ。
ジョーダン・リクターはBlindの『VIdeo Days』でしょ! って声が聞こえてきそうですが、僕個人としてはこのNew Dealのビデオ『Children Of The Sun』のエンドロール中に出てくる彼の映像が家宝ものなんです。観てもらえれば分かっていただけるはず。そこはもう神の領域。
ダンのSFの攻め具合に負けず劣らずなのがこのクリス・センのパート。まだメジャーになる前のThe Offspringの軽快なリズムに合わせて疾走する姿はまさにスケートボーディング。憧れました。
 1981年から今日に至るまで、我らスケートボーダーのバイブル的存在としてさまざまな情報はもちろんのこと、スケーターとしてのモノの見方や、僕らを取り巻く社会に対し、スケーターとしていかに向き合うべきかを常に示してくれるThrasher Magazine。そんなThrasherですが、最近では紙媒体だけでなく、ウェブ上でもツアーやミニクリップなどの質の高い映像をコンスタントに紹介し、それを享受するというかたちで世界中のスケーターたちはタイムラグを感じることなく、本場アメリカのスケートシーンで今起きていることを、限りなく肌感覚に近い感覚でもって共有することができる訳ですが、今回個人的に興奮を抑えられない映像がThrasherのウェブ上にアップされたのでご紹介します。

 『Conversing The Bay』と題されたこの映像、おそらくConverseチームの北カリフォルニアツアーの様子であるようなのですが、何といっても見どころは、以前にここでも紹介した僕が敬愛して止まないスケートボーダー、ダン・ドレホブルのサンフランシスコ路上でのフッテージが楽しめるのです。20年近く前にThrasherがリリースしたビデオ『911 Emergency』でダンが魅せたSFの街でのスケートにヤラれて以来、ずっと彼のファンなのですが、最近では持病の糖尿病や年齢的なこともあるのでしょうが、路上でのスケートを見かけることが少なくなっていました。トランジションでのスケートも、もちろん素晴らしいアイデアに満ちたスタイルでとても楽しませてもらうことができるのですが、やはり彼の路上でのスケートは絶品なのです。SFの往年のスポットで魅せるトリックはいまだ衰えを知らず抜群の安定感です。まあ論より証拠、映像で確認してください。ヤラれます。

 それともうひとつ、このツアー映像の脇を支えるキャスティングがこれまた本当に豪華なのです。贅沢すぎます。ジェイソン・ジェシーにクリス・セン、ジョーダン・リクターのお三方が登場してます。今回彼らの過去の映像も併せて紹介しますので大いに震えてください。

--TH (Fat Bros)

  • BRIXTON
  • VANTAN