Paul Shier ポール・シャイア

初めてのセットアップ:
Powell Peraltaのマイク・マクギル、Trackerのトラック、ウィールはG-Bones。

初めてメイクしたトリック:
オーリー。

初めて会ったプロスケーター:
Underworld Elementのカーティス・マカーン。

初めて観たスケートビデオ:
H-Street 『Shackle Me Not』。

初めてぶっ飛ばされたビデオパート:
Plan B 『Questionable』のマイク・キャロル。

初めて載ったスケートマガジン:
イギリスのRad Magazineにビッグスピンからのボードスライドのシークエンスが載った。’93年あたりだった。

初めてのビデオパート:
Panicの 『A Mixed Media』。イギリスのビデオだよ。

初めてアメリカのスケートメディアでフィーチャーされたとき:
411VMのIssue 22、Rookieのセクション。

初めてアメリカで自分が外国人だと痛感したとき:
自己紹介するときに「ポールです」と言っているのに「プールです」とよく聞き間違えられる。

初めて覚えた汚い言葉:
ファック。

VHSと聞いて初めに思い浮かぶこと:
巨大な記憶装置。

気になるスケーターの“初めて”を探るコーナー
THE FIRSTS。今回は、イングランドを代表する
スケーターのひとり、BLUEPRINTやDVSが誇る
ポール・シャイアの登場。
イングランド出身ロサンゼルス在住。素早く精密なフリップトリックやレッジトリックがこの人のスケーティングの魅力。’97年に411VMのRookieでパートを持ち、グローバルな名声を得たミスターイングランド。
Nixon x C.R. Stecyk III

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • ETNIES
  • VOLCOM

TRENDING -注目コンテンツ-