Cher Strauberry | Vans Skate Classics
Personal Data of Skateboarders
id: no.317

KARL WATSON

2021.03.31

EMBのOGメンバーにして、現在はSatoriのチームマネージャーを務めるカール・ワトソン。レッジファンタジスタにしてスケートピースの伝道者。

Q & A
  • 出身地:
    カリフォルニア州オークランド
  • スタンス:
    レギュラー
  • スポンサー:
    MaxallureVentureSatori
  • 靴のサイズ:
    10.5インチ
  • 生年月日:
    1976年9月22日
  • スケートを始めた年:
    1987年
  • 好きな数字:
    9
  • BESTスタイル:
    カイル・ウィルソン。
  • BESTハバトリック:
    エリック・コストンのBsノーズブラントスライド。
  • ワールドパーク or EMB:
    ワールドパークは最高だったけど、EMBに勝る場所はない。
  • ピア7のBESTライン:
    ラヴァー・マクブライド。真ん中のパッドをノーリー180を越えて、最後のレッジでSsノーズブラントスライド。
  • EMBで目撃したカオス:
    警察にキックアウトされまくった。ある日、警察がEMBの出入り口を同時に塞いだことがあった。ワナを仕掛けられて捕まえようとしたわけだけど、みんな壁を乗り越えて逃げたんだ。オレらは頭の回転が早いスケーターだから警察の裏をかいたってわけ。残念ながらローカルじゃないスケーターは捕まってしまったけどね。
  • 気になる若手スケーター:
    フィラデルフィアのクリス・ブラウン。
  • Mad Circle時代の思い出:
    『5ive Flavors』の撮影。あれは楽しかったね。
  • Satoriの魅力:
    ブランドネーム。
  • スタイルの重要性:
    スタイルにとって自己表現が一番重要な要素。
  • スケートボードで得た一番の経験:
    世界を旅できたこと!
  • 日本で一番の思い出:
    '00年代初めにクリス・ランバートとふたりでデモをやったんだ。なかでもB7でのデモが一番の思い出。オレたちふたりだけだったから、地元の人たちとしっかり繋がることができた。ツアーの最後にディストリビューターが伊勢のプライベートリゾートに連れて行ってくれて初めて温泉に入ることもできた。今では毎年温泉に入ってる。ありがとう日本!
  • 知ってる日本語:
    トモダチ。
  • 『MY FIRST SKATEBOARD』の製作秘話:
    この絵本はSFで育ったオレの体験がベースになってる。スケートが与えてくれたいろんなポジティブなことがテーマ。
  • BESTスケシュー:
    adidasのBusenitz。
  • BESTリラックス法:
    全裸で温泉。
  • BESTアルバム:
    Bob Marleyの『Rastaman Vibration』。
  • 影響を受けた映画:
    『バラカ』。
  • ロックダウン中にやること:
    読書。
  • テンションが上がること:
    若いスケーターが台頭してスケートの可能性を広げてること。
  • テンションが下がること:
    家族や仲間の調子が悪いとき。
  • 地味にイラッとすること:
    人を傷つける恐れがあるのに危険な運転をするヤツ。
  • ダメだと思いながらやめられないこと:
    チョコチップのクッキー。
  • 最近知った驚くべき事実:
    暗闇の中で水晶を打ち合わせると光が生まれる。非常に興味深いね。
  • ポジティブを保つ秘訣:
    頻繁に自然の中で過ごすこと。
  • 年齢を重ねて感じること:
    小さなことに対する感謝の気持ち。プレッシャーなく滑ることの楽しさ。
  • 大麻解禁で変わったこと:
    なぜか効き目が強烈になったような気がする。オレは今でも自然の日光で育ったウィードがいいね。
  • 世界平和に必要なこと:
    この地球上のすべての生命、銀河系、宇宙全体との深い繋がりを理解すること。
  • 若者へのアドバイス:
    クリエイティビティがすべて! マネをするな。自分の道を切り開け。スケートでできることは無限だ。それを楽しもう。

 


 

  • ゑ | Evisen Skateboards
  • BAKER