STORE
VHSMAG · VHSMIX vol.31 by YUNGJINNN

POPULAR

POLAR, FROG & LAST RESORT SKATE EVENT

2024.06.20

HAMAJI

2024.06.19

PUMA SKATEBOARDING OKINAWA TRIP '24

2024.06.18

ANDREW ALLEN / アンドリュー・アレン

2024.06.17

OQS BUDAPEST SCHEDULE

2024.06.19

DON NGUYEN INTERVIEW

2024.06.17

BOYS OF SUMMER POPUP

2024.06.17

TOM KARANGELOV / トム・カランゲロフ

2024.06.14
  • G-SHOCK

SKATE SHOP VIDEO AWARDS 2023
SKATE SHOP VIDEO AWARDS 2022
ADIDAS SKATEBOARDING /// TYSHAWN II

オオサカノアール
──BLACK RAIN

2024.05.28

 数ヵ月前にWKNDやNew Balance Numericなどに所属するトム・Kことトム・カランゲロフがCloserの企画で来日し、取材する機会がありました。映画好きということもあり「お気に入りの映画は?」と尋ねると、「ころころ変わるけど、今は『ブレードランナー』」との答え。日本にいることもあり、歌舞伎町や道頓堀を彷彿とさせるシーンを思い出したようです。
 そんな会話から『ブレードランナー』を手掛けたリドリー・スコットが指揮を執り、同じくディストピア感が特徴的な『ブラック・レイン』(1989年公開)を思い出しました。改めて観るとこれがまた最高。海外の監督の目線で日本を描くとなぜか雰囲気が違って見える。さらに主人公が海外の役者で、裏社会をテーマにしたクライム作品だとなおさら(ここ最近だと『TOKYO VICE』も最高)。キャストもマイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアをはじめ、松田優作や高倉 健など豪華で骨太。撮影の規制が厳しく実際の銃撃シーンやカーチェイスはアメリカで撮られたそうですが、夜の大阪の混沌とした雰囲気がいい感じに描かれています。中でも旧阪急梅田駅のコンコースでのひったくりをきっかけとした首刈りシーンは鳥肌モノ。
 トム・Kが思い出させてくれたオオサカノアール。『ブレードランナー』とともに『ブラック・レイン』を是非チェックしてください。トムのインタビュー記事も近日公開予定なので、そちらもお楽しみに。

—MK
 


  • JOYNT
  • Jacuzzi Skateboarding Equipment Unlimited