Takahiro Morita
Takahiro Morita
森田貴宏
1975年生まれ 東京中野に拠点を置くスケートボード映像プロダクション「FESN (far east skate network)」を主宰。'95年からFESNとして数々のビデオ作品を発表し、その独創的なプロダクションスタイルから国内だけでなく世界中のフォロワーを持つ。'70年代後期アメリカ西海岸でサーフィンの流れをスケートボードにいち早く取り入れた伝説のチーム「ZEPHYR」を継承するボードメイカー「Z SKATES」の日本支部「TOKYO Z BOYS」のメンバーとしてキャリアスタート。'90年代はストリートを中心に日本各地で行われるコンペティション、デモンストレーションに参加しながら自身のビデオ制作を中心に活動。現在は自身のスケートをさらに進化させるべく、乗るボード自体をデザイン、制作する本格的なスピードクルーザーショップ「FESN laboratory」を経営する傍ら自身のクルーザースケーティングを広めるべく各地でデモンストレーション活動を行っている。
Sponsors

You, good luck.

よくやるな。
まぁ正確に言うと「よくもまあこんな面倒なことやるな」

昨夜、後輩達のスケボービデオの撮影に行った。
もちろん俺は部外者として行っているから何のプレッシャーもなく、ただ遊びに行ったのと道案内みたいな感じ。

夜の撮影に同行したんだけど、、、大変だよね。
スケボービデオは。

好きじゃなきゃ出来ない。ワントリックに何分も掛けて。撮影の準備に何分も掛けて。

今の俺には改めて出来ないと感じたよ。

今、全国でスケボービデオを作っているみなさん。滑る人はともかく、撮影する人。情熱を絶やさずその面倒を面倒と思わず、自分の作っているビデオ作品に常に疑念を抱き、自分はこの作品で何を皆に伝えたいか?を自問自答してより良い作品を作って下さい。

なぜならスケボーは俺たちの想像を遥かに超えるほど可能性に満ち、俺たちスケーターの人生に目的を与え、これからの世界にとって必ず必要なものが集約された素晴らしい文化だからさ。

全国のスケボービデオ作家達、みんながその魅力を世の中のスケボーを知らない人達に伝えること、または今以上に愛好者達の熱を上げることによって、この文化は世界をも変え得るムーブメントになる。情熱を絶やさず、ワントリックのフッテージを繋ぎ合わせ、そこで起こっている熱気をさらに自身の熱と掛け合わせて、自分の分身を作るんだ。

デカイ魂でことにあたるんだ。

健闘を祈るぜブラザー達。

I am TAKAHIRO MORITA.
I am still raging.

THE REGULUS - NIXON
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 前人未到の記録を打ち立てた若き日本のホープ

  • 多忙なスケジュールの合間を縫った数日間のミッション

  • 海外の老舗カンパニーからの電撃デビュー

  • 日本が誇るハイスペックパークを短時間で攻略

  • インターンK、撮影後に一言。「世界レベルの逸材!!」

  • 人気トラックブランドのAD撮影の舞台裏

  • Welcome Skateboards
  • PRIME

TRENDING -注目コンテンツ-