Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.050
02.26.2014
荒木 塁
LUI ARAKI

高精度のボードコントロールを誇る神戸が生んだマニュアルキング、荒木 塁。完成度の高いショービットやノーズスライトのバリエーションに定評がある。最近はMagentaからゲストモデルをリリースしたほか、フォトグラファーとして個展を開催するなど多方面で活動中。アパレルブランド、L.I.F.Eのディレクターでもある。

 
Q & A
  • 出身地:神戸
  • 肩書き:スケートボーダー / フォトグラファー / L.I.F.Eディレクター
  • スポンサー:Strush WheelsKnow1edgeムラサキスポーツThunder TrucksDostech Bearings、 ARMANI EXCHANGE WATCH、 WANTO BURGER
    Thank you for your support:Kukunochi Corp、THE NORTH FACE、adidas Skateboarding
  • 靴のサイズ:10インチ
  • 生年月日:1977年10月5日
  • スケートを始めた年:1992年
  • 好きな数字:7
  • 神戸の魅力:人、街、自然。
  • 自分のスケートスタイルを一言で表わすと:流。
  • Magentaのゲストボードの感想:初めてのシグネチャーなんでうれしいです。ソイ・パンデイが琵琶を描きました。
  • 中目黒の行きつけスポット:Hatos Office。
  • L.I.F.Eについて:L.I.F.Eは僕と大矢尚孝のふたりで作っているブランドです。シンプルな中にもこだわりがある服作りを目指しています。
  • Strush『Cityscape』撮影秘話:実際『Citycape』の撮影はそんなに何度も撮りに行けなかったので、少し悔いが残ってます。
  • お気に入りのカメラ:Leica M3、Hasselblad from AKIRA TAKATA
  • ノーズスライド跳ねおりのコツ:スイッチのフロント180の弾かずに軽く擦らしてやるバージョンに似てます。
  • 東京へ来た理由:一番の理由はL.I.F.Eを始めるため。
  • ノーズスライドからの複合系で狙っているトリック:Noseslide to bs nosegrind to nollie shove-it out
  • 今年の目標:最善を尽くす。
  • ベストルーティン:何のルーティーンですか?
  • まだやり残していること:死ぬほどあります。
  •  
    STRUSH『CITYSCAPE』
    LUI ARAKI REMIX PART
    NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION

    • CHROME
    • G-SHOCK
    • PRIMITIVE SKATEBOADING
    • CHOCOLATE
    • G-SHOCK
    • CHROME
    • CONVERSE SKATEBOARDING

    RECOMMEND -スタッフおすすめ-

    • 記念すべきGUEST TALK第1弾はバーチカルの神

    • 偉大なスケートレジェンドを父に持つ2世スケーター

    • LAKAI誕生秘話。「スケートの本来の姿を体現したい」

    • ボスが語るフルレングス『THE FLARE』の舞台裏

    • LAKAI JAPANが誇る新世代のキング・オブ・ポップ

    • 海を越えLAKAIが繋いだふたりのファッションアイコン

    ID

    Personal Data of Skateboarders
    スケーターのパーソナルデータ
    • NEW ERA
    • PRIME

    TRENDING -注目コンテンツ-