Personal Data of Skateboarders
スケーターのパーソナルデータ
NO.131
09.23.2015
YOJI MIZUSAWA
水澤陽二

渋谷のarktzのスタッフとして、Color Communicationsの専属フィルマーとして、スケートボードコミュニティの一員としてドップリ漬かってしまった池袋ローカルのヨウジさんこと水澤陽二。二枚目無口スタイルで周りを翻弄させる、実は高学歴なMr. 沈黙は金。

     
    Q & A
    • 出身地:東京
    • 肩書き:スケーター
    • スタンス:レギュラー
    • スポンサー:Color Communication(Filmer)、 arktz(Staff)、 Laugh Company
    • 靴のサイズ:26.5cm
    • 生年月日:1984年11月2日
    • スケートを始めた年:1999年
    • 好きな数字:奇数。
    • 影響を受けたスケートビデオ:『Photosynthesis』、『Mosaic』、『Penal Code 100A』、『Night Prowler』、『On The Broad』、『Static II』。
    • 好きなフィルマー:南 勝己、森田貴宏、ジョシュ・スチュワート、Toriotoko、ダン・ウルフ、マイク・マンズーリ。
    • BESTビデオパート:ティム・オコナー、ジェイソン・ディル、ネイト・ジョーンズ。
    • フィルマーになってよかったと思うこと:楽しい時間が増える。色んな場所に行ける。
    • 撮っていて楽しいスケーター:メイク率高いスケーターは嬉しいですね。
    • 今一番撮りたいライダー:デニス・ブセニッツ。
    • フィルミングで一番大切だと思うこと:楽しむ、やる気、探究心、協調性。
    • これまでにひとつのトリックの撮影に要した時間の最長記録:FTCのまこっちゃんを撮影した時にテープ1本使ったのは初めてでした。
    • 撮影は早朝 or 深夜:深夜が多いです。
    • ポーカーフェイスを貫く秘訣:無口だからですかね?
    • 無口で得したこと:意識したことないです。
    • IKBでのカオス:福しん(定食屋)で飯を食っていたときに、様子のおかしい人が店のオバちゃんに開口一番「服脱いで」って言ってました。
    • 日本のスケートシーンに一言:「継続は力なり」。
    • 大学で学んだこと:自分と社会のズレ。
    • 最近ぶち上がったこと:平常通り。
    • 最近凹んだ出来事:撮影したフッテージが機材の故障、または自分のミスで撮れてなかったときは凹みます。
    • 外国の女性への口説き文句:あったら教えてください。
    • サンマルコの思い出:噂で聞いたことあります。
    • 某スケートショップの裏話:昔は出勤しても店が開いてなかった。
    • シュリンクだけしに来る人へ一言:コーヒーありがとうございます。
     
    CREATED IN JAPAN 1.5 TOUR 2013
    IKB PRESENTS – KASHIWA YUME FARM
    NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION

    • CHROME
    • G-SHOCK
    • PRIMITIVE SKATEBOADING
    • CHOCOLATE
    • G-SHOCK
    • CHROME
    • CONVERSE SKATEBOARDING

    RECOMMEND -スタッフおすすめ-

    • 「LET'S MAKE SKATERS GREAT AGAIN」

    • メディア受けするのが“本物”とは限らない

    • 名は体を表す。デジタルネイティブ世代のバグ

    • 同調圧力に屈しない徳島のリーサルウェポン

    • 名(迷)コンビ、村岡次郎&金子洋樹 in 台北

    • 9月前半に再来説。アンダーグランドTOKYO

    ID

    Personal Data of Skateboarders
    スケーターのパーソナルデータ
    • PRIME
    • Bones Skateboard Bearings

    TRENDING -注目コンテンツ-