トランジスタラジオ


 私事で恐縮ですが、月末に入院することになりました。前回のLife Hackでお伝えした脱臼癖のある肘の手術がやっと決まったのです。
 長年の悩みからようやく解放されるかもしれないとのことで期待でいっぱいなのですが、ひとつ心配事が。ホテルじゃあるまいし、病室にWiFiが完備されているわけもなく、4日間の入院生活をどのように過ごしていいものか…。せっかくの機会だから、なるべくオフラインの生活を満喫しようと思います。というわけで購入しました、トランジスタラジオ。
 振り返れば、小学生や中学生の頃は日常的にラジオを聴いていました。KPLZというシアトルのローカル局から流れてくる’80年代のヒット曲や、お気に入りアーティストのゲスト出演などを心待ちにしていたものです。生まれて初めてコンサートに行ったのもこの頃。当時大好きだったLevel 42というバンドが前座を務めるMadonnaのWho’s That Girl World Tour。そして、そのチケットはKPLZのリスナープレゼントで当てたもの。局に繋がるまで電話をかけ、毎日のように聴いていたパーソナリティと話す自分の声がラジオから流れ、喉から手が出るほど欲しかったコンサートのチケットをゲット。1987年、12歳。まだ純粋な少年だった頃の話。そうして母親にコンサート会場まで連れて行ってもらい(車で40分)、ひとりでコンサートを満喫することができました。すっかり忘れていましたが、ラジオにはそんな淡い思い出がありました。
 ラジオの魅力といえば、やっぱり音声だけを頼りにいろいろと想像を膨らませてリラックスできるところ。今回の入院をきっかけに音声の魅力を再確認したわけですが、ちょうどそのタイミングでSHUT UP & SKATEというトークショーが当サイトでスタートしました。記念すべき第1回のテーマは、スケーターなら誰もが知っているであろう日本の有名スポット。あれやこれやとマニアックな話が飛び交っています。ネット環境が必要ではありますが、通学、通勤、仕事中、入院中など、それぞれのタイミングでごゆっくりとお楽しみください。あとは手術が無事に終わるのを祈るのみ!

–MK

 

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • LONGLIVESOUTHBANK
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • スケーターのための豆知識。このトリックの発案者は?

  • フィルマー必見。名パートにまつわる撮影テクの雑学

  • 「重力に逆らう」物理的に不可能な試みの舞台裏

  • クセのあるプッシュの理由。今はなき時代の産物

  • 「責任者はキミか?」「いや、自分は無責任者です」

  • 「任意でしょ。イヤです」確実にモメる職質対応のススメ

  • PRIME
  • VANTAN

TRENDING -注目コンテンツ-