Neil Smith ニール・スミス

初めてのセットアップ:
初めてのセットアップはWorld Industriesのデーウォン・ソン、DestrustoのトラックにBlindの51mmのウィール。

初めてメイクしたトリック:
オーリーのあとはFs 180、そしてヒールフリップ。そのあとは覚えていないな。

初めて会ったプロスケーター:
誰かな…ポール・シャイアだったかも。

初めて尊敬したイギリス人スケーター:
マーク・ベインズだね。

初めて観たスケートビデオ:
Blueprint『A Mixed Media』。

初めてぶっ飛ばされたビデオ:
たぶん、Shorty’s『Fulfill the Dream』のチャド・マスカのパート。

初めて載ったスケートマガジン:
Sidewalk Magazine。’02年のことだったと思う。キンクのハンドレール越えのオーリーだったね。

初めてのビデオパート:
『DBAF』というローカルビデオ。’98年か’99年だね。

初めてアメリカのスケートメディアに取り上げられたとき:
The Skateboard MagのIssue 2。

海外で自分が外国人だと痛感したとき:
アメリカにいるときは常にそう感じるよ。アメリカ人はみんなタフに振る舞うからね。

初めてシグネチャーデッキを手にした感想:
めちゃくちゃうれしかった!

イギリスはロンドン出身。着々と経験を積み重ね、昨年念願のシグネチャーモデルをリリースしたBlueprintのルーキープロ。メロウな性格と相反したハイスピードなストリートスケーティングが魅力。来日した際に足を負傷してしまったが、今後の活躍が期待される。
気になるスケーターの“初めて”を探るコーナー
THE FIRSTS。今回は、ハイスピードで洗練したスタイルを誇り
昨年BLUEPRINTからプロに昇格したルーキー、ニール・スミスの登場。
Nixon x C.R. Stecyk III

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • East meets West、東京スケートとUKブランドの邂逅

  • グラフィックデザインを手がけたレジェンドのセンスよ

  • 『今夜はブギー・バック』('94)のMVを撮った監督作品

  • VXを極めた昭和の妖怪、日本の黒幕、東芝美津子の作品

  • 喰うか喰われるか? 東京サグライフのドキュメンタリー

  • 気鋭(?) 映像作家が高齢化社会に警鐘を鳴らす無問題作

  • GRIZZLY
  • ETNIES

TRENDING -注目コンテンツ-