Nike SB dojo | スケートパーク

こんばんわ、世間はフライデーnightですね。 でも僕はさっき帰宅しま…
──ちくしょ〜

2011.01.29

こんばんわ、世間はフライデーnightですね。

でも僕はさっき帰宅しました。なぜかって?

今日は一週間ぶりにスケートにのってみました。

右足の捻挫をかばった訳でもでもないのに、左足を捻挫しました。

おかげで両足捻挫中という、悲惨な結果に。

池田です。

1週間近く、何もしてないので、ほんとにブログを書くネタすらありません。笑

そいえば今日帰り道いつも通り、i Podで音楽聞きながら帰ってたんだけど、

懐かしい曲がいきなり流れた。

日本のミクスチャーバンド、Choke SleeperのEndless Cruisin'って曲。

ほんと何年前だろう?

5年前とか…

彼らのEndless Cruisin'のPVに出させてもらった事があった。

その頃の俺は16歳、バイトしてはやめての繰り返し。お金なんかほとんどなかった。

とにかく業界に俺の存在を知らしめたくて、周りに反対されながらもスケートばっかりやってた。

そんなときに当時のスポンサー関係で彼らのPVに出演する話しをもらった。

撮影場所は神奈川県の某スタジオ、聞いた事もないような、地名。電車に揺られて2時間半くらいかかった覚えがある。

駅に到着するとChoke Sleeperのマネージャー的な人が迎えに来てくれて、スタジオに通された。

スケーターは俺一人、周りはみんな初対面。正直不安しかなかった。

メンバーの人たちや、関係者が気を使って、話しかけてくれたりしたけど、16歳の俺は相当キョドってたと思う。笑

当時ニキビ面 真っ盛りの俺にメイクをしてくれたお姉さんの顔も鮮明に覚えてる。笑

俺の出番がきていざ撮影。

監督から(とにかく飛んで!!)とかなり ワイルドかつ無茶苦茶な要望。笑

とりあえずキックフリップから始まりいくつか、トリックだすと、意外にも高評価。

撮影はほんの5分程度だったけど、緊張しっぱなしだったのを覚えてる。

その後、終電時間も近かったので、ボーカルのチュウ君に駅まで送ってもらった。

帰り際、

チュウ君が

(今はまだお互いバイトしながらで、お互いジャンルは違うけど、いつかこれだけで飯食っていけるように頑張ろうぜ!!)

って言ってくれて固く握手したのを覚えてる。

すげー励みになったし、安心した。

確かにジャンルは違うけど必死に夢を追っかけてる人が自分以外にもいた事が嬉しかった。

このPV撮影でお金ももらえた。初めてスケートで稼いだお金。忘れもしないこの日の事。

それから彼らとは会っていないが、デカいイベント開いたり、CDを続々出したり、順調みたい。

おかげで俺はスケートで稼げる事が当たり前になった今。

この曲を聞いて、当時のハングリーな気持ちを思い出せた。

ありがとう!!!

また明日から頑張ろう!!

(ここで現実に戻ります。)

両足捻挫のため明日から何もできません。笑

またスケートから離れる事になりそうです。

明日からなにしようかな〜笑

Kota Ikeda
Kota Ikeda
池田幸太
(Skateboarder)
平成2年1月20日生まれ。足立区出身。
Sponsors
  • CONVERSE SKATEBOARDING
  • STANCE