Nike SB dojo | スケートパーク

7月から千葉の美術館で俺の作品展示やってるんだけどみんな見てくれたかな…
──北九州市小倉

2018.08.16

7月から千葉の美術館で俺の作品展示やってるんだけどみんな見てくれたかな?
まあ結構都心からはそこそこ遠いからね。大変かもしれないけど観に行ってくれたら嬉しいよ。
やったかいもあるってもんさ。
でも最近は
「森田君ってアーティストなの?」
っというアホな質問がたまに寄せられることがある。
俺は今まで一度として自分のことをアーティストだなんて公表したことはないぜ。
恥ずかしくて俺は自分のことをそんな呼び名で唱えないって。
それはまじめに今までずっとアーティストとして活動してきている人達に失礼にも感じる。
ただ最近そういう呼び名の方が、俺を説明するには都合が良いって人達が増えてるのかもな。
まあ俺は俺だから何でも良い。

それと少しお知らせがある。今月末の8月24日(金)〜26日(日)の3日間。
北九州市小倉の街で俺のアートショーとトークショーを開催させてもらうことになった。
それも2カ所のギャラリーとカルチャーショップの3軒合同のショーを3日間行う。
ギャラリーでは俺が実際に現地で作品を作って、それを販売する予定。
どんなのが出来るかな?
今の俺にはさっぱり分からんけど、ただ言えることは俺はいつも精一杯やるってこと。

興味がある人は是非遊びに来てくれ。
北九州小倉は俺にとって大切な街。
あの天ぷら屋行きたいな。
あなたに会えるのを楽しみにしてるよ。

またね

Takahiro Morita
Takahiro Morita
森田貴宏
1975年生まれ 東京中野に拠点を置くスケートボード映像プロダクション「FESN (far east skate network)」を主宰。'95年からFESNとして数々のビデオ作品を発表し、その独創的なプロダクションスタイルから国内だけでなく世界中のフォロワーを持つ。'70年代後期アメリカ西海岸でサーフィンの流れをスケートボードにいち早く取り入れた伝説のチーム「ZEPHYR」を継承するボードメイカー「Z SKATES」の日本支部「TOKYO Z BOYS」のメンバーとしてキャリアスタート。'90年代はストリートを中心に日本各地で行われるコンペティション、デモンストレーションに参加しながら自身のビデオ制作を中心に活動。現在は自身のスケートをさらに進化させるべく、乗るボード自体をデザイン、制作する本格的なスピードクルーザーショップ「FESN laboratory」を経営する傍ら自身のクルーザースケーティングを広めるべく各地でデモンストレーション活動を行っている。
Sponsors
  • DC SHOES
  • LAKAI