VANS × SHAKE JUNT - KYLE WALKER PRO 2
Personal Data of Skateboarders
id: no.275

KAMI

2020.06.10

'90年代半ばからOWN所属のスケーターとして活動し、独特の作風で世界的に有名なアーティストへと成長を遂げたKAMI。'99年からはパートナーのSASUとHITOTZUKIとして共同制作を開始。ストリートで培った感性をスケート/アートのコミュニティで発揮し続けている。

Q & A
  • 出身地:
    京都
  • 肩書き:
    アーティスト
  • スタンス:
    レギュラー
  • 靴のサイズ:
    27.5cm
  • 生年月日:
    1974年9月
  • スケートを始めた年:
    1988年
  • 好きな数字:
    93
  • 好きなスケーター:
    他と違う、見惚れてしまう、楽しそうなスケーター。
  • スケーターとしての転機:
    1993年のSF~LAスケートトリップ、Back to the Streetコンテスト、EMBなどビデオでしか知らなかった現場を見て感じられたこと。
  • OWN時代の思い出:
    ダイコンくんのカリブ。ビリーさん原宿の家からの流れ。OWNツアー長崎アンデルセン98。
  • ベストツアー:
    AREth Super Natural Tour 2007で九州を回ったこと。
  • 現在の自身のスケート事情:
    トランジションとかクルーズとか気持ちいいの。
  • アーティストが生業になったきっかけ:
    1999年のバーンストーマーズというプロジェクトでノースキャロライナにて壁画を描いたこと。
  • KAMIの由来:
    こち亀53巻。
  • 壺の秘密:
    壺ではない。
  • インスピレーションが湧く瞬間:
    旅の道中、運転してるときとか。
  • 注目しているアーティスト:
    Christo(RIP)。
  • いま一番絵を描いてみたい物や場所:
    大草原にポツンと立つ納屋とか。
  • ベストセッティング:
    マスク+サングラス+イヤホン+フード。
  • 達成感を感じる瞬間:
    無理そうなことも発想を変えてやれたとき。
  • 一番印象的な自身の作品:
    2019年に描いた香港での壁画。311mと長すぎて期間中に完成できるか超不安、アシストしてくれた友人の機転もあって完成、仕事の進め方を改めて考え直した。
  • 夫婦で創作することの醍醐味:
    すべてが遊びですべてが創作活動。
  • スタイルとは:
    ダサさも武器に変えるみたいな。
  • イリーガルの素晴らしさ:
    制限なく自分の判断でできること。
  • リーガルの素晴らしさ:
    社会との新たな繋がりが生まれること。
  • ジンクス:
    酒スケート。
  • 最近の京都事情:
    東西線が便利なのを知った。
  • 京都時代の伝説:
    キャバさん、安藤くん。市役所時代の楽しさは毎度が伝説的な時間でした。
  • 京都に変なニックネームのスケーターが多い理由:
    全員本名だと。
  • 東京に来て感じたこと:
    やるしかない。
  • 矛盾を感じること:
    表面的な影響が目立ち、生み出された精神や背景が重要視されてないと感じること。
  • 暇をつぶすなら:
    映画観賞。
  • お気に入りのミュージシャン:
    Khruangbin、Kvi Baba。
  • 世の中のグラフィティライターに一言:
    逸れずに続けてる人に敬意。
  • 思わずシャウトしてしまう瞬間:
    スレっスレのやつ。
  • 進行中のプロジェクト:
    Tokyo Skateboard Picnic Clubよりデッキ準備中。
  • アーティストとして成し遂げたいこと:
    生涯続けること、世界平和。

 


 

  • PRIME
  • NB Numeric: New Balance