STORE
VHSMAG · VHSMIX vol.31 by YUNGJINNN

POPULAR

HIDEYA KOJIMA / 小島秀彌

2024.05.22

ハマフェスの魅力とは?

2024.05.22

UGANDA SKATEBOARD SOCIETY

2024.05.24

TYSHAWN JONES / タイショーン・ジョーンズ

2024.05.27

SANTA CRUZ JAPAN TOUR 2024

2024.05.24

EVISEN - SUMMER 2024

2024.05.23

ADIDAS SKATEBOARDING /// CIVILIST ZX6001 B

2024.05.27

SB 最新刊発売

2024.05.27
  • XLARGE

SKATE SHOP VIDEO AWARDS 2023
SKATE SHOP VIDEO AWARDS 2022

LA発ストリートウェアの原型
──XLARGE

2023.07.21

 1991年にLAのロスフェリズにオープンしたXLARGE。当初はファウンダーのイーライ・ボーナーズとアダム・シルバーマンが着たい洋服を取り扱うショップとしてスタート。そしてadidasやPumaのデッドストックのレアなスニーカーを買える場所として注目を集め、Beastie Boysのマイク・Dの提案でワークウェアをスニーカーやストリートファッションと融合させたことでも知られています。1993年には人気が爆発し、Teeやスニーカーを取り揃えるショップではなく、アパレルブランドに専念するように。そうして世界的なストリートウェアブランドへと成長。
 このような説明なんて不要なほど有名なブランドですが、我々スケーターにとっても重要な存在であります。というのも、XLARGEは'90年代を代表するLAのスケーターのホームでもあったから。ビリー・ヴァルデス、ガイ・マリアーノ、パウロ・ディアズ、ジョーイ・サリエル、故ゲイブリエル・ロドリゲスなどなど。当時のLAのカッティングエッジ、つまり世界の最先端のスケーターがXLARGEのTeeを着用したことでスケートコミュニティにも浸透していったわけです。そしてさまざまなサブカルチャーに精通する面々が出入りし、Hip-Hopやスケート、グラフィティや音楽がコネクトしていきます。XLARGEが現在のストリートウェアの基盤を作ったと言っても過言ではないかもしれません。
 というわけで、XLARGEというストリートのパイオニアに関わったLAの先鋭たちのビデオパートをいくつかどうぞ。当時の悪ガキ感あふれるヴァイブスがたまりません。

--MK

 


ビリー・ヴァルデスのオーリー(1992)

 


こちらもビリー・ヴァルデスのオーリー(2002)

 


2001〜08年に展開していたスケートラインXLAのチームカット(2007)

 


  • NB Numeric: New Balance
  • VANTAN