REAL – THROUGH AND THROUGH

 先日、Realのフルレングスオンラインビデオ『Through and Through』が突然公開されました。本作は、この作品を作るために撮影を行ったわけではなく、それぞれのライダーが日常的に撮影を重ねて溜まったフッテージをまとめたという、実にオーガニックなプロセスで制作された作品です。
 アイショッド・ウェア、ジャスティン・ブロック、デニス・ブセニッツやピーター・ラモンデッタをはじめとする熟練プロから、カイル・ウォーカーやロビー・ブロッケルといったルーキーまで、幅広い世代のスケーターが極上のスケーティングを繰り広げています。マックス・シャーフのバートスケーティングが収録されているのにもグッときます。
 本作はリリースを告げるティーザーやハイプなどまったくなく、ライダーごとに区切られた俗にいう“パート”もなく、オフショットもほとんどなし。タイトルの“Through and Through”とは、“徹底的”という意味。17分に及び、RAWで純粋なスケーティングがぎっしりと詰まっています。このクオリティの作品が、プロモーションツールとして無料でオンライン公開されるとはすごい時代になったものだと感心してしまいます。
 ちなみに、個人的にお気に入りのデニス・ブセニッツの登場シーンが少なかったことが残念ですが、フッテージのほとんどはadidas Skateboardingより来年公開予定のフルレングスビデオ『Away Days』のためにとってあるとのことです。なにはともあれ、Realの『Through and Through』。ギミックなしで徹底的なスケーティングにこだわった本作をまだ観ていないという方は今すぐチェックしてください。

–MK

 

NIXON – THE REGULUS NEW COLORWAY
  • CHROME
  • G-SHOCK
  • LONGLIVESOUTHBANK
  • Girl Skateboards
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • スケーターのための豆知識。このトリックの発案者は?

  • フィルマー必見。名パートにまつわる撮影テクの雑学

  • 「重力に逆らう」物理的に不可能な試みの舞台裏

  • クセのあるプッシュの理由。今はなき時代の産物

  • 「責任者はキミか?」「いや、自分は無責任者です」

  • 「任意でしょ。イヤです」確実にモメる職質対応のススメ

  • BRIXTON
  • ETNIES

TRENDING -注目コンテンツ-