NIXON - THE REGULUS JAPAN LIMITED COLOR
Personal Data of Skateboarders
id: no.042

HIROTOSHI KAWABUCHI

2013.12.25

カナダで身につけた英語とハードフリップを巧みに操るブチこと川渕裕聡。ノリのいいキャラクターと笑顔でVolcomとElementのジャパンチームを牽引中。現在精力的に撮影を重ね、撮りためられたフッテージの行方が気になるところ

Q & A
  • 出身地:
    武蔵浦和、ホームは赤羽
  • 肩書き:
    なし
  • スタンス:
    ナチュラル
  • スポンサー:
    ElementVolcomDCAutobahn WheelsModus BealingsArktz
  • 靴のサイズ:
    9.0
  • 生年月日:
    1984年3月23日
  • スケート始めた年:
    1998年
  • 好きな数字:
    3
  • Volcomで一番好きなライダー:
    ダスティン・ドリン。
  • 赤羽時代の思い出:
    高校生時代スケートしてるときに、外国系強盗を友人と捕まえた。赤羽よくあったからこわかった。あとは神輿と林家ペーパー!
  • 西川口のエピソード:
    何もないのに、なぜか多くのやばい海外・日本のスケーターが集まってくる。
  • ベストパーティ珍事件:
    ありすぎて覚えてないけど、友人のクニくんの動きが卑猥すぎた件。
  • ベストツアー珍事件:
    フィリピンのマニラで拘束された。
  • クラブにタダで入る秘訣:
    カナダではトレバーとセキュリティの目を盗んで喫煙する柵をのぼって侵入。あとはコネクション(Give and Take)。
  • カナダの魅力:
    自由で、かつ自然に溢れてる。カナダ人は10年経ってもいまだに連絡くれるし、オレのことをホーミーとして認めてくれる友人想いな人が多いところ。
  • 一番楽しかったセッション:
    毎度スケートツアーは最高だけど、昔の田町は思い出深い。あと幸太と行ったDCアジアツアー。
  • スケートしたくなるビデオパート:
    『Modus Operandi』のマイク・キャロルとか。最近だと『PRETTY SWEET』のマーク・ジョンソンとガイ・マリアーノ。
  • やっちまった~! という女のエピソード:
    松尾先生とオーストラリアで……やっちまった~。
  • Elementで好きなデッキ:
    7.875の板ならなんでもやりやすい! 特にフェザーライトの板!
  • VHSMAG FEATUREの意気込み:
    いつでも本気でやりましょう!
  • 今後の目標:
    パート制作とシグネチャーを狙う! あとは新しい分野に挑戦もしたい。

  • PRIME
  • Almost Skateboards