Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.019

GO UEDA

2013.07.10

プロスケーターとして活動する傍ら、Premium Skateboardsなどを取り扱う輸入代理店13mind Distributionを運営。イベントMCとしてもさまざまなイベントや大会などで活躍しており、昨年12月に六本木ヒルズで開催されたREAL TOUGHNESS TOKYOでは、大会前日に腰骨を骨折をするも、不屈の精神でMCを行う。VHSMAGの人気コラム“魁!!上田塾”も現在鋭意執筆中

Q & A
  • 出身地:
    葛飾区 柴又
  • 肩書き:
    13mind dist. 代表、プロスケートボーダー、イベントMC
  • スタンス:
    レギュラー
  • スポンサー:
    Premium SkateboardsBalance Street WearRediCustom TrucksCrock WheelsVisionNibansenjiOG classix、Horihitoichimon'Horimei'、CoalOgioM's Ramp Lab Skate Park
  • 靴のサイズ:
    27cm
  • 生年月日:
    1975年8月13日
  • スケート始めた年:
    1988年
  • 好きな数字:
    13
  • MCしていて困る瞬間:
    トリックが複雑すぎてわからなくなる。脳みそフルに使ってる時に高さのあるインワード系とか飛び出してくるとハード系と間違える…。
  • REAL TOUGHNESSでの反省:
    腰の横突起骨折したおかげでコンテスト中にステージをくまなく回りオーディエンスをあおり、ライダーに近づいてインタビューなどをしたかったのに、激痛で決まった立ち位置からまったく動けなかった。無念です。
  • 上田塾の展望:
    豊岡航生がタイダイのブランドをしたり、荻堂が自らの名を冠したスクールをしたり、オレがメーカーを始めた頃からサポートしているライダーが各々いい成長を遂げている。サポートしているライダーがシーンに居続けられるような取り組みをしていきたい。
  • ベストセッション:
    『上田組 1』のオレのパート中にあるGlobeのデモがベストセッション。
  • ミュートor インディ:
    場所によりけり。どこでも繰り出せるのがミュートだけど、ヒップならインディからJTにもってく時がたまらない瞬間で一番好き。
  • 集中力を高める秘訣:
    状況によりけり。デモならギャラリーの声援を裏切らないように必ずメイクしてやると念じ続ける。撮影ならもうひとりの自分を登場させて、客観的に何がいけないかを分析する。
  • スケートキャリア最高の出来事:
    「 デモ感動しました! ファンなんです!」 スケーターがオレの前で涙を流してくれた。
  • 若手スケーターに一言:
    チームメイトの悪口は絶対に言うな。
  • 13mindの意味:
    13はオレの誕生日。マインドは自分自身の心や精神。13と言う数字が良く似合うカウンターカルチャーの世界で仕事をできることは素晴らしいことだが、その分自分に責任がでてくる。オレがすべての責任を背負うカンパニーで13mindになった。アルファベット13番目の数字はM。MindのM、13のM、嫁の頭文字がM、そこらへんの語呂合わせも入れた。
  • 会場を沸かせるテクニック:
    派手にこける。できれば血を流す。マジかって思わせる突っ込みをする。でも一番は本気で骨の1本いっちゃってもいい覚悟でトライする姿勢をみせれば、みんなが本気で応援してくれる。本気が一番。
  • スケート以外の趣味:
    確実にスノーボードと車。
  • 好きなミュージシャン:
    最近はMan With A Mission。
  • 柴又の穴場スポット:
    駅前の三河屋という今川焼と焼きそばのお店。ここ完璧!
  • これまでのベストトリック:
    『43-26』 で撮影したふたつのハンマートリック。2トリックともスライドさせた。
  • カナダのオススメの場所:
    チャイナクリークスケートパーク(一番ゲットーな場所にある)とフィッシュアンドチップス。
  • 好きな映画:
    『Fast And Furious』(『ワイルド・スピード』)シリーズ。

  • BRIXTON
  • Bones Wheels