STORE
VHSMAG · VHSMIX vol.31 by YUNGJINNN

POPULAR

ROB TARO / TIMESCAN 2

2024.02.21

TORU OGURA / 小倉 徹

2024.02.21

ADIDAS SKATEBOARDING /// ALWAYS

2024.02.22

OMA

2024.02.20

PRIMITIVE - DAYDREAM

2024.02.20

給水塔

2024.02.19

RENPEI KURIBAYASHI & MEI SUGAWARA / 栗林錬平&菅原芽依

2024.02.20

5円玉の謎!?

2024.02.22
  • Dickies Skateboarding

SKATE SHOP VIDEO AWARDS 2023
SKATE SHOP VIDEO AWARDS 2022
Maite Adimatic Mid - adidas skateboarding

ボディブローの極み
──BULLSHIT

2023.02.27

 上井 陵パート、キタァァァ! 先程公開されたばかりホヤホヤのFeatureパートのこと。前回のPick Upパートが2014年だったので、実に9年ぶりのフルパートでございます。基本アングラ気質なのでSNSもほぼほぼ活用していないのですが、9年間なにもしていなかったわけではありません。所属していたブランドのビデオやツアー動画、DVD『Little Tokyo』に加えローカルフィルムなどに友情出演していたようです。ソロ活動としても、Featureパートに並行してフィルマーの杉本篤史ともフルパートを撮影(完成済み説)しているとのことで、そちらも近々秘密裏に試写会が開催されるとか。
 今回のパートで気になったのは、得意としていたステアや回し技が極端に少ないこと。なんでも乳首ではなく足首を慢性的に痛めていて、滑りの方向性をシフトせざるを得なかったとのこと。制作を担当した自分的に注視していただきたのは、滑りの地味さ(いい意味で)。派手なフルパートがどっかんどっかん発表される昨今、山場がない地味なパートが逆に斬新。カウンターパンチもなければアッパーカットもない。ひらすらボディブローを打ち続けているうちに気がつくと膝から落とされている…。そんなパートです。
 ちなみに途中で入ってくる助っ人スケーターは、上井パイセンの盟友(迷のほう)田中サトシ。KP関連動画でひたすらノーリーしている彼です。加えてネームを手掛けたのは、上井パイセンのホーミーである某グラフィティライター。
 ということで、余計なお世話トリビアを加味した上で、4〜5年に渡りマイペースに撮影された上井Featureパートを改めてご覧ください。Large Proのセレクトも上井パイセン「Bullshit!」。

─KE

 



 

  • ゑ | Evisen Skateboards
  • THRASHERxSANTACRUZ