Soichiro Nakajima

スケートボードをはじめたきっかけ
中学校の頃に剣道部の先輩がスケートをやっていて、アメリカにも興味があったからはじめてみた。

ファーストスポンサー
コーシン(World Industries、Duffs)

初めて衝撃をうけたビデオパート
『20 Shot Sequence』(World Industries)のカリーム・キャンベル。

初めて出た雑誌・ビデオ
15歳のころに出た『Warp』。湘南特集みたいなのでIsamくんが撮影していて、Chakaも出てた。

初めて海外でフィーチャーされたのは
『TransWorld SKATEboarding』のCheck Out。19歳のころ、サンフランシスコでピート・トンプソンに撮ってもらいました。

IFOをはじめたきっかけ
自分が30歳になるというのと、いろいろやってきて自分の周りで会社をやれる状況になったから。

初めて感じたスケートでの快感
ランプでヒールのノーズタップ。

初めてスケートに負けた実感
初めての大会。

初めてみたキャプテンの印象
誕生日が一緒のなかやまきんに君。

初めて自分を知る人への自己紹介
スケートカンパニーもやってるプロスケートボーダーです。

尋常ではないバネをいかした滑りを武器に、日本のアイコン的プロスケーターとして世界的に認知される鵠沼のハードヒッター。411VMのオープニングを飾った唯一の日本人。
気になるスケーターの“初めて”を探るコーナー
THE FIRSTS。今回は、ワールドワイドに
活動の場を拡げるスケートボーダーにして、
デッキブランドIFOの代表でもある
湘南の中島壮一朗の登場。
NIXON – THE GUERILLA TACTICS COLLECTION

  • CHROME
  • G-SHOCK
  • PRIMITIVE SKATEBOADING
  • CHOCOLATE
  • G-SHOCK
  • CHROME
  • CONVERSE SKATEBOARDING

RECOMMEND -スタッフおすすめ-

  • 記念すべきGUEST TALK第1弾はバーチカルの神

  • 偉大なスケートレジェンドを父に持つ2世スケーター

  • LAKAI誕生秘話。「スケートの本来の姿を体現したい」

  • ボスが語るフルレングス『THE FLARE』の舞台裏

  • LAKAI JAPANが誇る新世代のキング・オブ・ポップ

  • 海を越えLAKAIが繋いだふたりのファッションアイコン

  • VOLCOM
  • ELEMENT

TRENDING -注目コンテンツ-