VANS SLIP-ON PRO

こんばんは。 インターンのKEです。 さいきん妙に、リチャード・ギアの…
──Shall We Dance?

2011.10.11

こんばんは。
インターンのKEです。
さいきん妙に、リチャード・ギアのことが気になってしかたがありません。

秋晴れに恵まれた10月の3連休を、皆さんはどのように過ごしたのでしょうか。
きっとイベントやフェス、買い物やBBQなんかに出かけてホリデーを満喫していたことでしょう。

自分はと言いますと、休日返上で土日と連続してビデオ撮影に駆りだされておりました。
インターンの身ですので、ザ・マンの司令には背けません。
ことあるごとに言いつけられている、社訓でもあり編集部のスローガンにもなっている(?)、

「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出す」

の精神です。BETAすらとれていない発展途上のサイトでありまして、
作業を進行させる上でマストな3連休を、マッタリしているわけにはいきません(したい…)。

土曜日はGravisのレイリー村岡洋樹氏、
日曜日はHabitatの金子次郎氏に同行させてもらいました。

早い話が、週末はフィルマーに転身です。フィルマーと言っても特別なキャリアもスキルもないので、
被写体となるライダーについて回らせてもらって、基本に忠実に撮影させてもらうのみです。

そんな中、土曜日にハプニングが起きました。
レイリー村岡氏のラインのスピードに追いつけず、ひとり西部警察メイク。
身体のバランスを崩して派手に転倒…。
左手には月給よりも高いビデオカメラ&レンズを握り締めているので、
なにがあっても死守しなければと、転がりながらも冷静にその思考だけは脳内にめぐる。

ビデオカメラのことしか考えていなかったようで、
自分がどんな転け方をしたのか自覚はないのですが、ビデオカメラをもった左手だけは天に掲げて、
無理やり右半身を地面に向けて転倒&スライドをメイクlike高校球児のようです。(目撃者談)

ビデオカメラ&レンズは奇跡的に無傷。
さすがに全体重を受けた右半身はかなりのダメージを受けていて、
首はムチ打ち状態で、打撲した右腕はおもうように上がりません…。
趣味の社交ダンスもしばらくおやすみです。

-KE

VHSMAG
VHSMAG STAFF
MK:チーフ・エディター
TM:スーパーバイザー
TO:ウェブ・ディレクター
KE:インターン
  • HUF
  • Bones Wheels