NIXON - THE REGULUS JAPAN LIMITED COLOR
Personal Data of Skateboarders
id: no.150

KYLE KE

2016.02.10

台湾スケートシーンの若きキーマンであるカイル・クゥ。上海のAvenue、欧州のHélasからサポートを受けるなど、台北と世界を繋ぐ架け橋役として台湾スケートシーンの発展に尽力中。スタイリッシュな動きと豊富な回し技が◎なナイスガイ

Q & A
  • 出身地:
    台北
  • 肩書き:
    スケーター、学生。
  • スタンス:
    グーフィー
  • スポンサー:
    Nike SBAvenue and Son Shop(上海)、 Hélas CapsRed Bull TaiwanImperial Taels
  • 靴のサイズ:
    10インチ
  • 生年月日:
    1993年2月19日
  • スケートを始めた年:
    2001年
  • 好きな数字:
    24
  • 得意技:
    インワードヒール。
  • 自分の長所と短所:
    短所は時間厳守の概念がユルすぎる。
  • 台湾スケート業界に求めること:
    もっとスケート文化をプッシュして団結してほしい。スケートショップは金のためにロングボードとかペニーとか売るのはやめてほしい。
  • 台北のおすすめスポット:
    中山堂、西門の広場 aka 性病、台北のすべてのストリート。
  • 台湾シーンの重要人物:
    台湾スケート界の重鎮である黃耀德、それにトッド。彼らからさまざまな影響を受けた。
  • ビンロウについて:
    個人的には嫌いだよ。でも台湾の文化だ。イケてるよ。
  • 海外から見たら変だと思う台湾の文化:
    台北にはたくさんのスポットがあるけどストリートに出る人は少ない。VHSMAGみたいなメディアもない。でもきっと台湾にもそういったものができると信じている。
  • 日本の印象:
    かわいい娘がたくさん、醤油ラーメン、天丼。
  • 気になる日本人スケーター:
    池田幸太、荒畑潤一と彼の息子。でも一番の注目は内田 競。
  • 日本のスケート業界はどう見えてる:
    ヤバイよね、いろんなスケート文化で溢れてる。
  • アジアのスケート向上に足りないもの:
    特に足りない部分はないと思う。みんな進化してるし、ヨーロッパやアメリカもアジアには注目してるはず。
  • スケートがオリンピック競技になることについて:
    良い面としてはたくさんの人たちがスケートを知ることになる。けれどスケート文化はコンテストだけで知ることはできない。
  • 座右の銘:
    Chilling。
  • 願いがひとつだけ叶うとしたら:
    神様にお願いできるなら、ふたつ願いが叶うようにして下さい(笑)。
  • 今後の予定:
    これからも撮影、スケート、そしてチル(笑)。

  • VOLCOM
  • ETNIES