Nike SB dojo | スケートパーク

 先日、ご紹介させていただいたダニー・ウェイによる万里の長城越えのBs…
──DANNY WAY

2015.07.21

 先日、ご紹介させていただいたダニー・ウェイによる万里の長城越えのBs 360のNewsが好評だったので、今回は若いスケーターにはあまり知られていないであろう彼の偉業、そして万里の長城ジャンプの舞台裏を併せてをシェアしたいと思います。最初に説明しておかないとならないのは、この万里の長城での衝撃的なパフォーマンスが敢行されたのはちょうど10年前、2005年7月9日のこと。先日のNewsは、その10周年ということで当時に打ち立てられた金字塔を改めて振り返ろうというものです。
 まず、万里の長城でのBs 360をメイクする前にウェイが達成した数々の偉業をおさらいを。'94年、サーフィン中に首を骨折して脊椎の損傷で選手生命が危ぶまれるも約2年後に見事復活してタンパプロで優勝。翌年にはDC建設のスーパーランプでキックフリップによるハイエストエアー、約3.6メートルを記録。同時にヘリコプターからバーティカルへのボムドロップをメイク。’99年にはラスベガスで開催されたMTV主催のスポーツ&ミュージック・フェスティバルで、前日に肩を脱臼したにもかかわらずハイエアーコンテストで優勝。'03年には『The DC Video』で超人的なスケーティングを見せ、メガランプの24メートルのギャップを越えてギネス世界記録に認定。
 このような偉業を達成した後、『The DC Video』で使用したメガランプをさらに巨大化させて中国に持ち込み、万里の長城越えに臨んだというわけです。しかし、このような特大ジャンプが一筋縄で行くわけがありません。本番前日のテストライド中に不運にもスラムして右足首の骨にひびが入ってしまったのです。それでも足首をガチガチに固定し、翌日の本番で見事メイク。あのBs 360の裏側には、ひびが入った足首を引きずりながら発射台に上り、見事メイクしたという裏話があるのです。まさに超人です。
 この裏話を踏まえて、改めて万里の長城越えジャンプをチェックしてください。ちなみに、ダニー・ウェイがハワイに所有する広大な土地に巨大なセクションを建設し、想像を絶するパフォーマンスを撮影したという噂が流れてからしばらく情報が途絶えています。万里の長城越えを上回るであろう新たな偉業で、早く当時のような衝撃を受けたいと思う今日この頃です。

--MK

 


映画『Waiting for Lightning』の1シーン。テストランで足首を負傷し、翌日の本番で見事メイクする様子が収録されている。

  • HUF
  • SK8MAFIA